白髪を改善する
“白髪治療”最前線

2014年08月22日

白髪を改善する“白髪治療”ができるようになるかも知れない!
今まで白髪は治らない老化現象と思われてきましたが、白髪のメカニズムの解明が進んでいて、白髪を治療できる未来がやってくるかもしれません。

白髪治療

白髪の原因が解明されつつあります

今まで謎が多かった白髪の原因は解明されつつあります。

遺伝、加齢、生活習慣、病気の4つが白髪になる原因とされています。

頭皮で色素細胞がメラニンを生成し将来髪となる毛母細胞がメラニンを取り込むことによって髪色が付くのですが、何らかの原因によってメラニンが毛母細胞に取り込まれなくなると白髪になってしまうのです。

若いころに出る「若白髪」ついては詳しいメカニズムは解明されていません。
白髪を根本から予防するのに気を付けなければならないのは紫外線とキューティクルケア。
特に紫外線は色素細胞を酸化させてしまうので、白髪リスクを上げることになるのです。

髪は頭皮から生えるもの…頭皮をいたわりしっかりケアすることも大切です。

白髪研究・治療の最前線!色素細胞を活性化せよ

今までメラニンがメラノサイトでつくられなくなることが白髪の原因だとフォーカスされてきましたが、
さらに最近の研究で色素細胞(メラノサイト)で生成されたメラニンが髪まで運ばれなくなることが
白髪の原因の1つになっているということが解明されつつあります。

さらに研究を進めた結果、メラニン色素は細胞内で決まったレールの上を運ばれるのですが、
そこに異常が発生すると白髪になるということが分かりました。

つまり、メラニンが作られる過程・運ばれる過程両方にアプローチが必要なのです。
その両方を活性化する成分の研究開発が進んでいて、開発が成功すれば
白髪治療できる未来が来ることになるでしょう。
期待に胸が膨らみます。

参考:白髪に関する最新のメカニズムについて報告

白髪治療が身近になる日まで、頭皮をいたわるカラーリングを

白髪治療が可能になる未来がそこまで来ているとはいえ、実用化されるまでにはまだ時間がかかるでしょう。
それまでは白髪染めを使用するしかありません。

過酸化水素(脱色剤)は白髪に影響を与える可能性が高いために避けた方が無難でしょう。
髪と頭皮にやさしい白髪染めを選ぶことをおすすめします。

頭皮と髪をいたわりながら、白髪を染めるならヘアカラートリートメントがおすすめです。

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントは、脱色剤を含まないだけでなく、
酸性でもアルカリ性でもない、肌にやさしい「中性」であることにこだわりました。
頭皮環境を整える成分、美髪成分にもとことんこだわり抜いて開発。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_hair-color

監修:波間隆則
ページトップへ