白髪染めの頻度は?
~長持ちさせる方法~

2014年08月11日

白髪染めの頻度はどれくらいが理想的でしょうか?長持ちさせるには?
染めた髪を長く美しく保つための秘訣をお教えします。

白髪染めの頻度

白髪染めの頻度一覧

白髪染めの頻度は、種類によって違います。

脱色剤を使う2剤式のヘアカラー(永久染毛剤)は、髪が伸びてくるまで気にならないので、1~2ヶ月程度。

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントは徐々に色落ちするので1~3週間程度。

塗るだけの白髪隠しなどの一時染毛料は2~3日ほどしか持ちません。

2剤式のヘアカラーでも、その後のケア方法によっては、1ヶ月程度で色落ちしてくることもあります。

 2剤式 ヘアカラー脱色剤フリー 、ヘアマニキュアなどヘアカラートリートメント白髪隠し・白髪ぼかし
頻度1~2ヶ月に
1回
2~3週間に
1回
3日~1週間
1回
1~2日に
1回

白髪染めを長持ちさせる方法

白髪染めを長持ちさせるには、シャンプーを選びましょう。

市販のシャンプーは石油系界面活性剤が使われていることが多く、非常に洗浄力があり色落ちを早めてしまいます。

シャンプーを選ぶ際には、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選びましょう。
アミノ酸系洗浄成分のシャンプーは、髪と頭皮をいたわりながら汚れを落としてくれます。

強い洗浄成分は、色落ちを早めるだけでなく必要な皮脂や潤いまで奪ってしまいますので、エイジングケアを目指す方にはあまりおすすめできません。
女性のためのスカルプDボーテ シャンプーは、高い密度の泡で洗うアミノ酸系の洗浄成分を採用。頭皮と髪に必要は潤いを残して洗い上げます。

とっておきの秘訣「白髪染めアイテムの合わせ技」で長持ちさせる

頭皮や髪に大きなダメージを及ぼす2剤式のヘアカラーや美容室での白髪染めは、できるだけ頻度を減らしたいですよね。

そこで活躍するのが、ヘアカラートリートメント。

ちょっと色落ちしてきたり、生え際が気になってきたり、そんな時に使いましょう。
髪の傷みもケアして、白髪染めを長持ちさせることができます。

また、お出かけ前に生え際が気になってしまった場合は、白髪隠しとの併用もおすすめ。

ヘアカラートリートメントは1日で完全に染まりきらない場合があるので、染まるまでの間白髪隠しでカバーしながら待つこともできますね。

白髪染めアイテムは、一つではなく、いくつか併用して使うと、それぞれのデメリットを補いながら美しい髪色を保つことができます。

このように、さまざまなテクニックを使って、白髪の気にならない生活をお送りください。

監修:波間隆則
ページトップへ