髪を傷めず白髪染めする方法とは?

2014年08月11日

白髪染めは髪が傷むというのが定説でしたが、近年ではトリートメントタイプの白髪染めなどが発売され、そんな悩みも解消されつつあります。
髪が傷まずきれいに染まる、白髪染めトリートメントの魅力に迫ります。

髪を傷めない白髪染め

髪を傷めずに白髪を染めるには

白髪染めは髪が傷む…もちろん染毛料が多少負担になることもありますが、
一番髪や頭皮に負担になるのは脱色剤です。

白髪染めで髪が傷む原因とは

染める直前で混ぜる、2剤式の白髪染め。
数ある白髪染めの中でも1回で確実に染まるものですが、髪へのダメージも一番大きいものです。

原因の一つは、脱色剤。
もともと黒い髪も脱色剤でいったん白くして、そこから染毛剤によって均一に染めていきます。

脱色剤の多くは「過酸化水素」。
殺菌剤や漂白剤にも使われる刺激の強いものですし、髪も傷みます。

使用後にトリートメントすることで、髪をコーティングするため、白髪染め直後はツヤが出て髪が傷んでいることに気が付きませんが、毎回の使用で確実に髪を細く弱らせてしまうのです。

髪を傷めずに染めるには、中性で脱色剤フリーの白髪染めを選ぼう

髪を傷める原因は、脱色剤である過酸化水素ですが、それだけではありません。アルカリ性の染毛料も髪に負担はかかります。中性のものは一番負担がありません。

髪にやさしい白髪染め

まずは、脱色剤フリーの白髪染めを選ぶことです。下記のようなものがあります。

非酸化染毛剤(お歯黒式)
永久染毛剤に分類される白髪染めの中にも、「非酸化染毛剤」別名「お歯黒式染毛剤」があります。
1回の使用で、2~4週間もちますが、真っ黒になることや硫黄・パーマ液のようなニオイが気になるのが難点です。
ヘナ
髪に優しい白髪染めとして人気がありますが、独特のニオイと白髪がオレンジになることや、
手間がかかることから一般に浸透しない傾向があります。
カラートリートメント
1番手軽なのが、ヘアカラートリートメントタイプの白髪染め。
最初に数日続けて使う必要があり、その後も定期的に使わなければ髪色を維持できないのがデメリットですが、手軽で簡単な上、髪もツヤツヤになり人気が出てきています。

トリートメント成分にも注目、染めながら美髪を目指せるものは?

白髪染めトリートメントの中にも、人工的な染毛料を使っている、トリートメント成分が少ない…など
配合が違うので、美髪成分にも注目しながら上手に選びましょう。

保湿成分

髪にも頭皮にもいい保湿成分。代表的なもので、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどがあります。

美髪成分

ヘアトリートメントに含まれるような成分。人気のアルガンオイルや、椿オイル、海藻成分、ミルクプロテイン、などが有名です。

頭皮ケア・白髪サポート成分

根元から染めるためには頭皮にもついてしまうものです。頭皮を健やかに保つ成分や、白髪ケア成分も入っていると嬉しいですね。
お顔の美容液にも入っているような植物エキスやペプチドなど、お気に入りの美容成分から探しましょう。

監修:波間隆則
ページトップへ