女性の薄毛 総合情報

年齢を重ねるにつれて目立つ髪のボリューム。女性にとって命である美しい髪を失うことは耐え難いことです。そんな女性の薄毛についてまとめています。

女性の薄毛、悩みは深刻です

薄毛は男性だけの悩みと思われている方も多いのではないでしょうか?実は女性の薄毛治療を受ける方は年々増加しています。女性の薄毛は、頭部全体の毛が細く・薄くなる「びまん性脱毛症」が多いことが特徴。全体的に薄くなるため髪型やウィッグでも隠しきれないので悩みは深刻です。他にも、FAGA(女性男性型脱毛症)で頭頂部が薄くなる進行型のものや、産後の抜け毛など一過性のものもあります。

Q&A女性の薄毛について専門家に聞いてみました

薄毛に悩む女性について教えてください
髪の密度はピークの20歳を境に減りはじめます。早い人では30代ごろから薄毛に悩む方も。薄毛治療を積極的に行われる方が多いのは40代です。「髪は女の命」といわれるほど、見た目年齢に大きな影響を与えるので薄毛が気になる方は早めに対策した方がいいですね。AACクリニック銀座の女性専門頭髪外来に通院する患者様の数は、外来を設置した2007年から2014年の7年間でなんと約5倍に増えています。
薄毛に悩む人に共通していえることは何ですか?
女性の薄毛の原因ををひとつに絞り切るのは難しいこと。加齢による血流の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、過度な食事制限ダイエット、睡眠不足など考えられる原因さまざまで、これらが重なって薄毛・抜け毛という症状に現れると考えられます。

監修:
AACクリニック銀座
院長 浜中聡子(はまなかさとこ)
「健康と美の調和」をコンセプトに、加齢による身体の機能低下が起因の体調不良や、頭髪の抜け毛や薄毛、肌のシミやシワ、タルミなどの治療を行っています。

薄毛治療を始めよう

悩めば悩むほど、そのストレスでも悪影響になりかねない女性の薄毛。気軽にクリニックに相談してみませんか?
AACクリニックでは無料カウンセリングを行っています。

女性の薄毛、種類と原因一覧

男性の薄毛とは全く違う女性の薄毛、その種類と原因を解説します。

びまん性脱毛症

頭部全体の毛が細く薄くなる進行性の脱毛症です。40代以降の方に多く見られますが、若くして起こり得る脱毛症でもあります。

原因

加齢などによるホルモンバランスの乱れが原因の一つであるといわれています。他にも、過度なダイエットや間違ったヘアケアにも原因があると考えられています。

FAGA(女性男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)が女性でも起こるFAGAは頭頂部で薄毛が起こるのが特徴です。つむじ付近で集中して薄くなっている方はこのFAGAである可能性が高いです。こちらもびまん性脱毛症同様、40代以降の方に多く見られます。

原因

女性にも男性ホルモンは存在します。加齢により女性ホルモンが減少し、男性ホルモン過多の状態になることが原因といわれています。

産後の抜け毛「分娩後脱毛症」

産後の女性ホルモンの変化で起こる、一時的な脱毛症です。ほとんどの方は、徐々に回復しますが、多胎出産や高齢出産などが原因で長引く方もいらっしゃいます。

原因

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えた状態。それが産後一気に減り、そのタイミングで抜け毛が増えるといわれています。

円形脱毛症

通称「十円ハゲ」と呼ばれる、部分的な脱毛症です。一過性のもので、正しい治療を行えば回復します。

原因

脱毛部で免疫機能が誤って毛根を攻撃することで起こります。古くから精神的なストレスで起こるといわれていますが、ストレスを感じることの少ない幼児にも起こることからアレルギーも関与していると考ええられています。

このように、女性で起こる薄毛にも進行性・一過性のタイプがあり、薄毛対策や治療も原因とタイプから考えて選んでいく必要があります。

自宅でできる薄毛対策と、病院での治療について

まずは何からはじめたらいいの?周りの視線が気になり始めたら、対処法を把握し悩む前に行動しはじめましょう。

【自宅ケア】シャンプーや洗い方を変えてみる

上記で述べたとおり、原因はさまざまですが、シャンプーの選び方や洗い方の間違いで頭皮環境が悪化し抜け毛・薄毛を加速させてしまうことがあります。自分に合ったシャンプー選びはとても大切、そして洗い方も見直していきましょう。

シャンプーの選び方

シャンプーの洗浄成分は、石油系界面活性剤とアミノ酸系界面活性剤があるのはご存知でしょうか?頭皮にやさしいのはアミノ酸系界面活性剤。洗浄力は少し落ちますが、必要な皮脂を残して洗うことができるので頭皮環境を整えたい方におすすめです。また、保湿成分や女性にうれしい女性ホルモン様成分などが入っているシャンプーもおすすめです。
スカルプDボーテのシャンプーは健康的な頭皮環境を目指す女性におすすめのシャンプーです。アミノ酸系洗浄成分でやさしく洗い上げ、髪を育てる黒豆豆乳発酵液やオタネニンジン根エキスが頭皮に栄養を与えます。

洗い方

「髪を洗う」というより「頭皮を洗う」という意識をつけましょう。まずはお湯で予洗いし、頭皮までシャンプーが届きやすくします。シャンプーを頭皮全体につけ、爪を立てずに揉み洗いしましょう。

お湯は熱すぎると皮脂を落としすぎるので38℃くらいのぬるめで、しっかり流しましょう。ドライヤーの熱も頭皮にダメージを与えますので、近過ぎ厳禁。頭皮との距離は30センチ以上を心がけてください。

生活習慣を見直そう

髪を育てる栄養素を意識して、しっかり食事に取り入れていきましょう。髪の95%はタンパク質でできています。タンパク質をつくる「アミノ酸」は必須。加えてビタミンやミネラルを含むバランスのいい食事を心がけてください。女性ホルモンを助ける「イソフラボン」や元気の源「亜鉛」もおすすめです。
食事で取り入れることが難しい方はサプリメントも活用しましょう。

女性用育毛剤を使おう

育毛剤は薄毛の方だけが使うもの…そうお考えではありませんか?育毛剤は「頭皮の美容液」、未来の抜け毛・薄毛を予防するためにぜひ使っていただきたいアイテムなのです。
女性の頭皮は乾燥が深刻です。皮脂が多い方も、実は頭皮のインナードライが原因の可能性もあります。女性専用の育毛剤で頭皮の保湿をしながら、毛根に栄養を送り健康的な髪を育てましょう。

薄毛・発毛治療

薄毛が気になってきた方は、早めにクリニックでご相談を。
男性の薄毛治療で使う「フィナステリド」(プロぺシア等)は女性には使用しません。発毛剤ミノキシジルに加え、必要に応じて内服薬・サプリメントで総合的に治療していきます。結果を急ぐ方は、上記自宅ケアに加えクリニックでの治療が近道です。

薄毛隠し・ボリュームアップ対策

今すぐ薄毛を目立たなくしたい!そんな方に薄毛隠し、ボリュームアップ対策をまとめました。上記自宅ケアやクリニック治療で効果が見えるまでの「今すぐ対策」として参考にしてください。

ウィッグ

ウィッグとは「かつら」のこと。近年は女性用ウィッグの人気が急上昇しています。特に頭頂部に薄毛が集中している方におすすめの、地毛を使いつつ頭頂部だけボリュームアップできるものもあります。かつらといえば薄毛隠しという時代ではなくなりました。今では薄毛でない方もファッションでウィッグを使っています。気軽に試してみてはいかがでしょうか?
ウィッグは専門点、大手百貨店、量販店だけでなくインターネットでも気軽に購入できます。

地肌のカラーリングパウダー

つむじ付近の頭頂部を目立たなくするためにとても有効な通称薄毛パウダー・増毛パウダーと呼ばれる地肌のカラーリングパウダー。意外と自然に隠せてコストパフォーマンスも高いのがうれしいですね。

オシャレに帽子

帽子の蒸れは抜け毛に悪影響といわれていますが、正しく使えばそんな心配はありません。むしろ薄毛の原因の一つである紫外線から頭皮を守れて薄毛も隠せる一石二鳥のアイテムなのです。とはいえ、蒸れは頭皮の雑菌が増えることもあるので、時々空気の入れかえを。

このように「今すぐ対策」はいくつかありますが、それを続けても根本的な解決にはなりません。ぜひ本格的に薄毛対策を行って、美しい髪を育てあげましょう。

シェアありがとうございます