アンファーストア TOP薄毛・抜け毛 対策> 薄毛・抜け毛予防 自宅vs専門医クリニック

薄毛・抜け毛予防
自宅vs専門医クリニック

薄毛・抜け毛予防 自宅vs専門医クリニック

抜け毛を予防して薄毛になることを食い止めたい。自宅ケアだけで大丈夫なのか、専門医に相談した方がいいのか悩むところですよね。こちらでは自宅ケアとクリニックケア両方の視点からあなたに最善の方法をご提案します。

自宅でできる!
抜け毛予防のための生活改善

最近抜け毛が増え、薄毛が進行してきたかも…そうお考えの方は、まずは生活の見直しから始めましょう。クリニックでAGA(男性型脱毛症)治療を行うとしても、生活習慣の改善は必ず必要になります。なぜなら、投薬治療を行ったとしても、生活が髪に悪い影響を及ぼすと思うように効果が出ないこともがあるのからです。下記であなたに思い当たることはありませんか?

不適切な生活習慣

睡眠

ついつい睡眠不足になっていませんか?

男性ホルモン「テストステロン」のサイクルは、たった1日徹夜するだけで大きなダメージを受けると言われています。そのダメージを取り返すのにかかるのはなんと1週間。つまり、毎日のように寝不足が続いていると、常にホルモンサイクルが乱れている状態になります。テストステロンは血流に対する作用も認めているため、低下するとおのずと毛根に届けられる栄養も減ってしまうというわけです。
よい髪を作るには、よい睡眠を。特に夜10時~2時の「ゴールデンタイム」にぐっすり眠れるよう生活を変えてみませんか?
外食の予定がない日は、見たいテレビは録画して朝活で見ることにしてみてください。それだけでも数日は男性ホルモン力をチャージできますよ。

食生活・サプリメント

髪に良い食事、できていますか?

外食やファストフードが多いという方は要注意。髪に必要な栄養素である良質なタンパク質・ビタミン・ミネラルは、ジャンクフードからは上手に摂取できないものです。

髪の成長に必要と言われている、「亜鉛」は牡蠣やレバーに多く含まれますし、摂取したアミノ酸やタンパク質が髪になるのを助ける「ビタミンB群」は胚芽米や豚肉、魚、卵類に含まれます。バランスのいい食事ができていればいいのですが、現代人は栄養不足になりがち。食事に自信のない方は積極的にサプリメントを活用していきましょう。髪をサポートする総合サプリメントなら、必要な亜鉛に加え、人気の「ノコギリヤシ」やビタミン・ミネラル、タンパク質を効率的に補給できます。

髪を作る「アミノ酸」をドリンクで! シスチン高配合のAGAプロテイン

日本発毛医療のパイオニア「メンズヘルスクリニック東京」と共同開発、髪の95%を構成するタンパク質に着目したプロテイン。髪に必要な「シスチン」「グルタミン酸」「グリシン」を配合、ビタミン・亜鉛・ノコギリヤシなど期待の成分を贅沢に配合しました。AGAプロテインは健やかな髪のためにぜひ選んでいただきたい男性サプリです。

詳しくはこちら
スチン高配合のAGAプロテイン

亜鉛だけじゃない! 総合力でアプローチするサプリメント

アンファーのサプリメントはクリニックで13年研究された上で開発されました。
男性に人気のノコギリヤシ・亜鉛に加え、必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルを高い含有量で配合。髪の専門家が生み出した独自処方のサプリメントを取り揃えています。

詳しくはこちら
ANGFA

嗜好品

食事やサプリメントでしっかり栄養補給しても、簡単に他のもので使われてしまっては意味がありません。タバコやお酒は控えましょう。喫煙では大量にビタミンCを消費するうえ、血液の循環が悪くなれば毛根へ届く栄養も減ってしまいます。飲酒でも髪に使いたいビタミンやミネラルが大量に消費されてしまいます。

もう1つ気をつけて欲しいのが「コーヒー」。ポリフェノールが含まれておりアンチエイジングにおすすめの飲み物ですが、コーヒーに多く含まれるタンニンは、亜鉛の吸収を阻害してしまうデメリットもあります。できれば食後にすぐに飲むことを避け、少し時間をおいてからコーヒータイムを楽しみましょう。

運動・ストレス

運動不足になっていませんか?体を動かすことでストレス発散になるだけでなく、自律神経が整えられホルモンバランスがよくなります。その結果、血流にのって栄養が髪に届きやすくなるというわけです。だからといって激しすぎる運動はNG。活性酸素が発生して毛根にダメージを与えることもあります。薄毛が気になる方は「楽しくスポーツ」を心掛けてください。

また、ストレスは髪を減らす大きな原因となります。ストレスを感じることで交感神経が刺激され血圧は上がります。それが続くと血行不良が起こり、髪だけでなく内臓や皮膚まで弱ってきます。ストレスはスポーツによって解消できるので、やはり体を動かすことは大切ですね。

紫外線

意外と忘れられがちなのが紫外線。頭皮に降り注ぐ紫外線は活性酸素を発生させ毛根にダメージを与えます。髪で隠れるから頭皮は大丈夫!なんて過信していませんか?
鏡で頭頂部をご覧ください、日焼けしていることがはっきりとわかるはずです。
男性に多いAGAや女性に多いびまん性脱毛症も、紫外線が当たる部分の進行が早く、薄くなればなるほど頭皮にダメージを与えることが心配されます。
抜け毛が気になる方は、外出時に帽子を使うことをおすすめします。

自宅でできる!頭皮ケアの見直し

さて、生活改善を進めながら頭皮ケアの実践です。抜け毛を予防するケア方法をお教えします。

シャンプー習慣を見直してみる

髪を育てるタイプの薬用シャンプーに替えることも大切ですが、洗い方も大事。
洗浄力が高いシャンプーを使って短時間で洗うより、マイルドな洗浄力のシャンプーで丁寧に洗う方が抜け毛予防になります。
洗い方の詳細は「薄毛・抜け毛のためのシャンプーの選び方」で詳しくご覧ください。

乾かし方は大丈夫?

抜け毛を加速させないために、特に注意して欲しいのがドライヤー。ドライヤーを10cm以下の距離で顔に当ててみてください。とても熱い上に肌が乾燥することを実感できると思います。それを毎日頭皮に対して行っていると、頭皮環境は日々悪化してしまうでしょう。
ドライヤーの温風は最低20cm以上、できれば30cmを意識して遠くから当ててください。

育毛剤を使ってみる

育毛剤は薄毛になってから使うアイテムだと勘違いしていませんか?
抜け毛が気になりだした、AGA初期の方こそ使うべき「予防」アイテムなのです。育毛剤は毛根に栄養を届けるだけでなく頭皮を保湿し環境改善してくれる一石二鳥のアイテム。発毛促進が目的ならミノキシジルが入ったものを、抜け毛・薄毛予防ならニンジンエキスなどの育毛成分が入ったものを選びましょう。

ヘアサイクルを延長! 抜け毛を防ぎ、髪を強く・太く

スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェットはヘアサイクルの成長期に着目。成長期を延長することで抜けにくい太い強い髪を育てます。成長期の維持に重要な3つの成長因子に、アンファー独自開発のジンセノリキッドEX(オタネニンジンエキス)などの育毛成分、加えて発毛成分も配合。その効き目は12週間の育毛試験結果で公開しています。

詳しくはこちら
発毛 促進

日々のケア

シャンプーや育毛剤以外でも気をつけるべきことはいくつかあります。
頭皮にダメージを与えないために、ブラシはやわらかいタイプのものに。そして肩こりや腰痛などとともに血行不良を感じたらヘッドマッサージも。頭皮をやさしく揉みほぐしてみましょう。毎日お風呂にゆっくり浸かることも、頭皮の血行促進のためにプラスに働きます。

お医者さんに聞いてみた!
専門医クリニックに通う価値

先端のAGA治療 メンズヘルスクリニック東京 院長 小林 一広(こばやし かずひろ)

薄毛が進行する前に、専門医にかかることをお考えになる方はまだまだ少ないです。自宅ケアに加えて専門クリニックでアドバイスを受けることの価値を考えてみましょう。同じ遺伝子を持つ双子の方でも、薄毛に差が出ることがあります。日々の生活改善が大きな治療のヒントとなることもあります。

専門医クリニックではどんな予防をしてくれますか?
クリニックはで発毛のためのお薬を出すだけではありません。薄毛の進行がどれくらい予測されるか遺伝子検査を行うことや、サプリメント・生活指導も行っています。
治療開始が早いほど効果も出やすいので、気になりだしたら無料カウンセリングから考えてみるといいでしょう。薄毛というのは、「ここからが薄毛」という境界線がありません。ご本人が気にされているとすれば、そこがクリニックへ行く境界線とお考えください。
薬による副作用が心配です
専門クリニックでは、治療を始める前に血液検査を行います。その際に服用を開始しても大丈夫な状態かどうか、副作用が大きく出るような問題がないか等を確認しています。
治療は患者様と一緒に決めていけるので、例たとえば飲み薬は服用せずに外用薬(ミノキシジル)のみの治療を選択される方もいらっしゃいます。
本当に生えてくるのでしょうか?また、効果が出始めるのにどの位かかりますか?
治療は全員に100%満足感が得られるものではありません。それはどのような病気にかかられても同じことで、薬が効きやすい方と効きづらい方もがいらっしゃいます。しかし、自宅ケアでは感じられなかった多くの方が、専門クリニックで効果を実感されています。効果が出るまでも個人差はありますが、多くの方が半年~1年以内に効果を感じられています。
高価な治療を続けられるかがとても不安です
治療をやめてしまえば、また治療前のAGAのペースとなり薄毛は進行していきます。しかし、生活改善やサプリメントで少しずつ維持しながら治療を休止・再開する方法も選べます。
クリニックでは治療を強いることは行いません。患者様の決められた方針や、ご自分のペースでの治療が可能です。

本当に改善したいなら、
どちらかより両方を”続ける”こと

さて、自宅ケアと専門クリニックでの予防どちらが効果的でしょうか?
答えは「両方」を「続ける」ということがもっとも効果的。途中申し上げたとおり、クリニックでの治療も、良い生活改善があってこそ、良い効果が得られるからです。

まだ薄毛がそれほど進行していない方は、まずは頭皮ケア・生活改善をしてみて抜け毛予防を。できればご自宅で頭皮の写真を撮って効果検証を行ってください。

数ヶ月続けて薄毛の進行が止まらないと感じた場合はできるだけ早くクリニックへ。あなたが自宅ケアで行ってきた結果をもとに、医師からのアドバイスを受けつつ治療を選択していきましょう。
詳しくは「病院での薄毛治療最前線~クリニック選びやお薬のこと~」をお読みください。

シェアありがとうございます