アンファーストア TOP薄毛・抜け毛 対策> 薄毛・抜け毛のためのシャンプーの選び方

薄毛・抜け毛のためのシャンプーの選び方

スカルプDシャンプー

薄毛・抜け毛が気になり始めたら、日常使用するシャンプーを見直しましょう。髪や頭皮の健康を保つ上で大切な成分や、対処法等をしっかりとマスターし毎日のケアから初めていきましょう。

髪の成分はどうなっている?
抜け毛対策に必要な成分とは?

髪に必要な成分がシャンプーに配合されているかどうかはさておき、髪や頭皮環境をよくするために「髪の正体」を知っておきましょう。

髪の毛はアミノ酸でできている

髪のたんぱく質「シスチン」「グルタミン酸」「グリシン」が多くを占めている

髪の毛の95%はケラチンと言うタンパク質でできています。ケラチンは、18種類のアミノ酸で成り立っていますがその元となるのが、シスチンです。
シャンプーを選ぶなら、頭皮・髪に負担をかけない皮膚・髪と同じ成分由来のアミノ酸系の洗浄成分がおすすめです。

シャンプー選びは慎重に

洗浄力が強すぎるシャンプーは本来肌に必要な皮脂や水分を奪ってしまうため、それを補おうと皮脂が過剰に出てしまったり、頭皮乾燥からフケ・カユミの原因を招いてしまったりします。
洗浄力を決める界面活性剤は3種類あり、その中でもアミノ酸系界面活性剤は頭皮への負担が少ないことが特徴です。

洗浄成分の種類メリットデメリット
石油系界面活性剤・泡立ちがよく短時間で洗うことができる
・硬水でも泡立ちが悪くならない
・安価
・洗浄力が強すぎる
石鹸・泡立ちがよく短時間で洗うことができる
・皮脂をすっきり落とすことができる
・皮脂を落としすぎつっぱる
・すすいでも残りやすい
アミノ酸系界面活性剤・頭皮や髪にダメージが少ない
・しっとりした洗い上がり
・泡立ちが遅い
・洗浄力が少し弱く洗うのに時間がかかる

このようにそれぞれメリット・デメリットがあります。抜け毛・薄毛が気になる方にとって刺激や頭皮の乾燥は大問題。汚れをしっかり落としながらも、必要な皮脂や水分を守ることも考えなければなりません。

男性は皮脂分泌量に合ったものを

低刺激であることが前提ではありますが、汚れや余分な皮脂はしっかり落とさなければなりません。皮脂分泌量に合ったシャンプーを選ぶこともとても大切。皮脂が少ないのに、しっかり落とすタイプのシャンプーを選び続けていると頭皮環境は悪化してしまいます。
自分の皮脂分泌量に合わせたシャンプー選びを心がけましょう。
また、頭皮ケア成分をたっぷり配合した保湿力の高いシャンプーは皮脂量に関わらず頭皮にとってよいシャンプーになります。

24人の専門医と開発 最先端のシャンプー

スカルプシャンプーとは髪の毛をキレイにすることだけでなく、頭皮をいかに健康な状態に保つことができるかにポイントを置いて設計されています。
抜毛や薄毛で悩んでいる方を見ていくと、皮脂の過剰な分泌による汚れや、頭皮自体が荒れてしまっていることなどが抜毛(脱毛)の原因の一つとなっており、その対策をメインに考えたシャンプーです。

詳しくはこちら
最先端のシャンプー 比較

女性の薄毛はホルモンバランス乱れ

シャンプー

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが原因の一つと考えられています。上記で述べたようにやさしい洗浄成分のシャンプーを選ぶことに加え、女性にうれしい頭皮ケア成分も選んでいきましょう。男女問わず大豆イソフラボンなど豆由来の成分がおすすめです。

洗い方を徹底見直ししよう

いくら「いいシャンプー」を選んでいても、間違ったシャンプー法を行っていれば効果半減です。頭皮を清潔に保ちながら、健やかな髪を育てるためには日々の洗い方から。シャンプーそのものの有効成分をより活かすためにも徹底的にマスターしましょう。

洗うタイミング

肌や髪が育つのは就寝後22時~2時と言われております。それに合わせて夜にシャンプーや育毛剤を使用する事が有効的と考えております。また、頭皮毛髪に付着した汚れをそのままにして寝てしまうと、枕に雑菌が繁殖して匂いの原因にもなりますし、過剰繁殖した菌によって炎症が引き起こされてしまう可能性もありますので、寝る前の洗髪をおススメします。しかし、夏場などの朝、汗や皮脂で髪がベタツいてしまった場合は、そのまま過ごすと頭皮環境を乱す原因になってしまうので、洗髪してから外出しましょう。洗いすぎは良くないですが、頭皮を清潔にしておく事が重要です。

洗い方の基礎

抜け毛・薄毛が気になる方のための正しいシャンプー法をまとめました。

(1)予洗いをしよう

汚れと皮脂がひどい状態ではシャンプーが泡立ちにくく上手に洗えません。一度「濡らす」という感覚ではなく、お湯で予洗いをしましょう。そうすることで、少し汚れも落ち泡立ちもよくなります。

(2)シャンプーを手で泡立てよう

シャンプーをそのまま頭皮につけず、一度手で泡立ててから頭皮につけていきましょう。そのままつけると、洗いムラができてしまいます。

(3)指・手のひら全体で揉み洗い

爪や指を立てて洗うと激しい摩擦により頭皮がダメージを受けます。顔を洗う際に同じような洗い方をしますか?頭皮も同じようにやさしく揉み洗いをしましょう。

(4)頭皮マッサージはシャンプー前か同時に

マッサージを行うことで血行が促進されます。シャンプーにいい頭皮ケア成分が入っているなら断然シャンプー前、もしくはシャンプーと同時にマッサージしましょう。

(5)お湯の温度はぬるめ38℃に

熱いお湯で洗うと、皮脂や水分を落とし過ぎてしまいます。お湯の温度はぬるめに設定しましょう。

(6)しっかりタオルドライ&乾燥を

タオルでしっかり水分をとり、ドライヤーで乾かしましょう。蒸れは雑菌の繁殖を促してしまいます。ドライヤーは頭皮から離し、熱すぎない風で乾かしましょう。そうすることで頭皮の乾燥も防げます。

正しいシャンプー法は動画で確認できます。

専門家に聞いてみた!シャンプーの選び方のコツ

多種多様なシャンプーが出回っている中、どのようなシャンプーが自分にあっているのでしょうか?見分け方のコツを教わりました。

自分の頭皮に合あったシャンプーの選び方が分かりません
シャンプーを選ぶ条件で、頭皮に優しい事が大前提です。とくに肌に優しいとされているアミノ酸系活性剤を使用した物がおススメです。
また、頭皮にも肌タイプがあります。ご自身の頭皮に合ったシャンプーを選びましょう。皮脂が多い方は、皮脂をしっかりと洗い流し、さっぱりとした使用感のシャンプーがいいでしょう。反対に、乾燥の方は保湿成分が高配合され、低刺激性のシャンプーを選ぶといいでしょう。
最近ではわかりやすく「オイリー肌用」「ドライ肌用」とあらかじめ分かれているシャンプーも増えてきましたので、ご自身の頭皮の状態に合わせて使い分けてみてください。
シャンプーは直接育毛に効果的ですか?
シャンプーは育毛剤ではありませんので、直接的な効果はありません。しかし、頭皮の環境が悪いと毛髪の成長にとって悪影響を及ぼす可能性があります。頭皮の状態を正常に保つ事が重要であり、毎日のシャンプーでそのケアが可能です。また、頭皮環境が整っていると育毛剤の浸透が促進されるというデータもありますので、育毛ケアの1つのアイテムとしては有効だと考えています。
シャンプーだけで抜け毛を改善できますか?
シャンプーだけで改善したという機関での「実験・実証結果」はありません。しかし頭皮環境の改善は抜け毛予防の第一歩です。信頼できる口コミを参考にしながら商品を選びましょう。

抜け毛・薄毛が気になる方のためのシャンプー選び・シャンプー法を述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?今すぐ行動して、あなたも髪を育てるヘアケアを行いませんか?

シェアありがとうございます