頭の悩みを防ぐ頭皮ケア。
今日からできるケア方法を紹介!

頭皮はシャンプーと洗い方で傷ついていること、ご存知ですか?もしかしたら、あなたのちょっとした勘違い頭皮ケアがトラブルの原因となっているかもしれませんよ。頭皮のにおいが気になる、フケが多い、湿疹がある、清潔ではない感じがする…頭皮の悩みは数多いですが、ほとんどは頭皮ケアが十分にされていないことが原因と考えられています。頭皮の悩みと、それぞれの解決策を紹介します。

頭皮トラブルの例

私たちの体の中でも、頭皮は自分で見づらい部分です。しかし、頭皮のトラブルは不快ですし、におい、フケなどは他人からは意外と目立っているので、症状が出た時はすぐに対処することが大切です。代表的な頭皮トラブルを見てみましょう。

においがする

頭皮がにおう人は男性にも女性にもいます。ちゃんとシャンプーをしているはずなのにどうして?と思われますが、ひとつは髪の毛が外気にあるにおいを吸い取りやすいからです。髪が長ければ長いほど臭いが吸い取りやすいのですから、女性の方が気を付ける必要があるかもしれません。そして、頭皮がにおいを発している場合です。頭皮は誰にでもあるので、髪の長さとは関係ありません。実は、頭皮は顔以上に汗をかきやすい部分で皮脂もたくさん分泌されています。これが嫌な臭いを作っています。

かゆみが止まらない

頭がかゆくてしょうがない!耐えられない時は人目もはばからずにかきむしってしまうこともあるでしょう。それだけ、頭のかゆみは不快な思いをします。これは頭皮の乾燥と皮脂が関わります。ひどい場合は頭皮湿疹も目立ち、もともと乾燥肌の人やアトピーにかかっている人はさらに頭がかゆくなります。

髪の毛があるからと安心してはいけません。頭も強くかきむしると出血します。頭皮は蒸れやすいため掻き壊しが治る前にまた掻いてしまうことも良くあります。シャンプーの痛みも我慢せざるを得ないでしょう。

乾燥してフケができる

そして、とくに他人に目立ちやすいのが乾燥によるフケです。フケは、古い頭皮なのでどんな人でも発生します。フケが目立つ人は皮脂の新陳代謝がうまくいっていない証拠。だから、フケが細かくなる前に頭皮からはがれてしまいます。

頭皮が荒れる原因

このような、自分も他人も不快な思いをする頭皮トラブルはなぜ起こるのでしょうか。その理由は大きく分けて4つあります。

  1. 1.保湿が失われることによる乾燥肌
    を守っている保湿成分が足りないことで、細菌や紫外線の影響が強くなります。しかも肌の回復が遅くなるので、かきむしるとどんどん悪化し、フケも増えていくでしょう。

  2. 2.脂質の過多
    頭皮は基本的に皮脂の分泌が多い部分です。皮脂が酸化するとにおいが強くなるほかにかゆみも出てきます。また、細菌の繁殖もしやすくなるのでニキビも発生します。特にひどい場合は毛穴をふさいでしまうこともあります。オイリーヘアなどで悩まれている方はこの皮脂の過剰分泌に該当するでしょう。

  3. 3.不健康な生活習慣
    睡眠時間が短い、食生活が偏っている、ホルモンバランスの乱れといった普段の生活からくる要因が身体機能を低下させ、頭皮トラブルとして表れている可能性があります。


  4. 4.間違った頭皮ケア
    頭皮を良く洗おうとゴシゴシ爪を立てている、シャンプーをたくさん使っている人はかえって頭皮に負担をかけてしまっています。肌は私たちが思っている以上にデリケートで、場合によっては洗う時間が長いだけでも傷んでしまいます。汚れを流そうと思ってシャンプーを何回も使ってしまう、といったケースもあります。それらを防ぐためにも正しい頭皮ケアを理解することが大事です。

では、正しい頭皮ケアの方法を見ていきましょう。

頭皮ケアは丁寧な手入れから

頭を洗う時は優しく、力ではなく泡と成分の力で汚れを落とすよう心掛けてください。洗顔料にも薬用があるように、シャンプーも頭皮に配慮した薬用シャンプーを選ぶのがよいでしょう。

頭皮ケアに効果があるシャンプーは?

まず、頭皮ケアに効果のあるシャンプーについて説明します。頭皮の皮脂を落としたいのですから洗浄力は欠かせませんが、落とし過ぎてもいけません。そこでおすすめなのが、頭皮ケアの効果が期待されるスカルプシャンプーです。

スカルプシャンプーとは、より頭皮ケアに重きを置いたシャンプーのことで、商品自体にも頭皮ケア用と表示されている場合が多いです。洗浄力と頭皮ケアを両立したものを選ぶならアミノ酸の含まれているものがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは頭皮をさっぱりさせながらも必要な皮脂は残してくれます。
>頭皮ケアに効果のあるシャンプーはコチラ!

頭皮のブラッシング方法

頭皮を手で洗う時も強くこすらないことが前提です。ゴシゴシと洗った方が洗った感じはするものの、必要な皮脂や表皮までこそげ落としてしまいます。これでは頭皮を痛めてしまいます。

ブラッシングをする場合も同様です。効果を強くしようと力を入れると逆にダメージを与えかねません。目が細かすぎず、ブラシの柔らかいものを選んでください。

まとめ

頭皮のダメージは自分からだと見えづらいので、つい放置しがちです。でも、周りは意外と気になっているかもしれません。頭皮のトラブルは正しいケアをすれば改善が見込めます。ぜひ、今日から生活習慣、洗い方、シャンプーを変えて頭皮のケアをしてください。