頭皮ケアにおすすめなシャンプーの特徴とは?
正しいシャンプーの選び方

頭皮のにおい、フケ、かゆみ、抜け毛・薄毛といったトラブルは、使うシャンプー選びと洗い方が原因のケースがあります。自身の地肌の特徴に合ってないシャンプーを使ったり、頭皮を刺激してしまう洗い方をしてしまったりする人は意外と多いものです。

そこで今回は、地肌に合ったシャンプーの選び方と、正しい洗い方の手順を解説します。

よくある間違ったシャンプー選び

いつも使うシャンプーはどうやって選んでいるでしょうか。髪の手触りや香りがいいもの、美容院で勧められたもの、値段の高いもの安いもの。基準は人それぞれですが、忘れてはならないのは自分の髪に、そして頭皮にあったものかどうか、ということです。シャンプーは髪のためだけではなく、その美しい髪を生む頭皮にとっても非常に大切なのです。市販のシャンプーにもプロ仕様のシャンプーにも、さまざまな成分が含まれており多様な効果があります。シャンプーの役割は頭皮の汚れや皮脂を落とすことですが、頭皮は皮脂分泌が多く、このため洗浄剤は比較的強い界面活性剤を含んでいます。そのためトラブルにもなりやすいのです。髪は思い通りの仕上がりだけど、頭皮がべたついたりかゆかったりするなら、残念ながらそのシャンプーはあなたの頭皮には合っていないようです。ではどんなシャンプーを選んだらいいのでしょうか?そのためにはまず自分の頭皮タイプをよく知ることから始めましょう。

頭皮の肌質を知ろう

顔の肌タイプを気にする人は多いですが、自分の頭皮タイプを知っている人は案外少ないのではないでしょうか。頭皮は顔と同じく「脂性タイプ」「乾燥タイプ」「混合タイプ」と分けられます。

脂性タイプ

脂性タイプの場合は皮脂の過剰分泌のため必要以上に頭皮に皮脂が残っています。においやベタつき、べたっとした大きめのフケが気になるならこのタイプです。余計な皮脂を取り除き、皮脂分泌量を整える必要があります。

乾燥タイプ

乾燥タイプは皮脂の分泌が極端に少なく栄養が不足している状態です。サラサラと細かなフケや抜け毛が多い人はこちらです。ターンオーバーの乱れが原因です。

混合タイプ

混合タイプは、頭皮の皮脂バランスに問題はないのですが、加齢とともにトラブルが発生しやすいので日頃のケアが大切です。これらの頭皮タイプを知った上でシャンプーを選ぶと、頭皮の健康状態を改善していくことができます。


>男性向け頭皮タイプ診断はコチラ
>女性向け頭皮タイプ診断はコチラ
頭皮ケアに効果があるシャンプーは?

では具体的にどんなシャンプーを使ったらいいのでしょうか?頭皮タイプ別にまとめてみましょう。脂性タイプは、皮脂の過剰分泌が一番の問題です。皮脂分泌量には元々の体質なども関係しますが、実は間違ったケアで皮脂の分泌を促してしまっている場合もあるのです。皮脂を気にしてゴシゴシと強く洗いすぎることで、頭皮に必要な皮脂までも奪ってしまい、その結果頭皮が皮脂を過剰に分泌します。洗浄力の強いシャンプーを使っている場合も同様です。頭皮に優しく洗浄力の控えめなシャンプーで優しく洗うといいでしょう。薬用シャンプーなどもおすすめです。乾燥タイプの場合、頭皮が乾燥して必要な皮脂と水分が失われることで角質がはがれ落ちます。これが乾燥フケです。この主な原因はやはりシャンプーの強すぎる洗浄力。潤いを与えキープしてくれる優しい洗い上がりのシャンプーを使いましょう。アミノ酸洗浄成分や保湿成分を含むものがおすすめ。混合タイプは今目立ってフケやかゆみなどのトラブルは出にくいのですが、その状態をキープするためにも髪と頭皮にあったものを選びましょう。いずれのタイプにしても敏感な頭皮に触れるものですから、低刺激で負担の少ない、優しいシャンプーを選ぶようにするといいでしょう。

ノンシリコンシャンプーとは

では近年目にすることの多くなったノンシリコンシャンプーとはなんでしょうか。そもそもシャンプーに含まれるシリコンは、髪をコーティングして表面的なツヤを出す役割をしています。ですが浸透して中から補修する働きはなく、逆に毛穴をふさいでしまうこともあるのです。すると頭皮がべたついたり匂いがしたりとトラブルの元になってしまうのです。そこでこのシリコンを含まないシャンプーが注目されているというわけです。

ノンシリコンシャンプーは頭皮に優しいので、痛みや炎症がある場合も比較的安全に使用することができます。ですがデメリットもないわけではありません。頭皮と髪の健康面では優秀ですが、どうしても髪が軋んだり、ツヤが減ったり手触りが悪くなったりという仕上がりの問題があります。これらはコンディショナーなどでカバーできますが、コンディショナーにシリコンが含まれていないか確認しておきましょう。また若干価格が高いことも挙げられます。

オーガニックシャンプーとは

優しいシャンプーといえばオーガニックも挙げられます。これは有機栽培で作られた植物から抽出した成分で洗う無添加シャンプーで、化学成分の代わりに肌に優しい天然成分でできています。低刺激なので頭皮へのダメージを軽減してくれます。ですが実際は保存のための防腐剤が含まれているなど、完全に無添加なものは少ないのです。

正しい洗い方

どんなに頭皮に優しいシャンプーを使っても、洗い方が正しくなければその力を100パーセント発揮することはできません。正しいシャンプー方法を見ていきましょう。

まずしっかりブラッシングすることで地肌の汚れが浮き、落としやすくなります。そして汚れの大半はお湯で洗うことで落ちるので、ささっと濡らすだけではなく、しっかりお湯で洗います。脂性タイプの場合は事前に頭皮用クレンジングを使うのもおすすめです。

シャンプーを適量手に取り、手のひらや泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てます。適量は製品により異なりますが、一般的には1プッシュから2プッシュ。少なすぎると十分に汚れが落ちませんし、多すぎる必要もありません。直接原液を頭皮や髪につけるのは刺激が強すぎるのでやめましょう。たっぷりの泡で頭皮をマッサージするように洗います。この時爪を立てず、指の腹で優しく洗います。すすぎはしっかりします。シャンプー成分が髪や地肌に残ったままになると炎症を起こしたりかゆみが出たりとトラブルの元になります。コンディショナーやリンス、トリートメントも同様にすすぎ残しがないようしっかりと洗い流してください。

洗い終えたらタオルドライ。決してゴシゴシこすり合わせないこと。濡れた髪は傷みやすいのでぽんぽんとタオルで押さえるようにして水気を切ります。

ドライヤーの前にアウトバストリートメントやオイルを使う場合、頭皮に付着しないように気をつけましょう。毛穴に入り込み、つまりの原因になりやすくなります。ベタつきやフケなどのトラブルを避けるためにもトリートメントは毛先につけると覚えておきましょう。頭皮に付けるタイプのスカルプセラムを使うのもいいでしょう。ドライヤーで乾かす前にしっかり揉みこむことで、頭皮を健やかに保ちます。脂性タイプ・乾燥タイプ・混合タイプならエイジングケア用の育毛効果のあるものなど、頭皮タイプに合わせたものを選んでください。

まとめ

フケやかゆみ、においなど頭皮のトラブルは、頭皮にあった良質なシャンプー選びと正しいシャンプーでほとんどが解決できるでしょう。髪だけではなく頭皮も喜ぶシャンプー、あなたにあった一本を見つけてください。