薬用シャンプーは普通のシャンプーとどう違う?
特徴と効果を解説

洗浄力だけを追究したシャンプーを使っていると、髪を洗うたびに頭皮を傷つけている可能性があります。そうではなく、頭皮をケアしながら汚れを落とす薬用シャンプーを使ってみませんか?

薬用シャンプーという表示を見ますが、普通のシャンプーとどう違うのでしょうか。「薬用」と書いていますが薬ではなく医薬部外品に属します。今回は、薬用シャンプーが頭皮に与える影響や一般的なシャンプーとの違いを解説します。

薬用シャンプーとは

薬用シャンプーとは、シャンプーの内「医薬部外品」の認定を受けたもののことをいいます。ちょっとややこしいのが、この医薬部外品という言葉。医薬という言葉が使われているものの医薬品ではありません。

医薬部外品を一言で説明するならば、「医薬品と化粧品の中間にあるもの」と言えます。医薬品のように強い効果はないけれども、ただの化粧品よりも症状を良くする効果の期待できるもので、目的も法律で定められています。

イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛


(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)第二条二項一号より)

そのため、シャンプーや化粧品、サプリメントに医薬部外品という表記を良く見かけます。特に、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶ際に考えたいのが脱毛、汗、ただれ等の防止です。もちろん、普通のシャンプーも人体にダメージが少ないレベルで作られていますが頭皮トラブルがある人には刺激が強すぎる可能性があります。具体的な違いは事象を次の章を参考にしてください。

使用されている成分

薬用シャンプーには医薬部外品と呼ばれるために必要な有効成分と、その他独自の成分が含まれています。そのため薬用シャンプーといっても、その中身は実に多様です。しかし、共通点を挙げるなら、どれも髪よりも頭皮ケア(スカルプケア)に重きを置いた商品であることです。
薬用シャンプーの有効成分として使われるものはフケを抑えるもの、炎症を抑えるものに分かれます。
たとえばフケをおさえるものとしてはピロクトンオラミンジンクピリチオン、サリチル酸などが有名です。これらは、フケの原因となる細菌を予防してくれますが、特にサリチル酸は皮脂を分解する効果を持つので頭皮の脂に悩んでいる方におすすめです。
そして、炎症を抑えるものとしてはグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)が一般的です。抗炎症作用を持ち、雑菌の繁殖を防ぎます。漢方薬である甘草に含まれている成分です。

薬用シャンプーは他にも、トラブルを起こした頭皮に効果が期待される成分が入っています。

頭皮トラブルの改善

薬用シャンプーには上述のとおり医薬部外品としての有効成分が入っています。つまり、頭皮に抱えているトラブルの改善が期待できるわけです。頭皮トラブルといえばきついにおい、我慢できないかゆみ、目立ってしまうフケなどが代表的です。他にも髪のベタつきや頭皮湿疹も頭皮のケアによって対処したいものです。

アミノ酸系の洗浄成分

薬用シャンプーには上述のとおり医薬部外品としての有効成分が入っています。つまり、頭皮に抱えているトラブルの改善が期待できるわけです。頭皮トラブルといえばきついにおい、我慢できないかゆみ、目立ってしまうフケなどが代表的です。他にも髪のベタつきや頭皮湿疹も頭皮のケアによって対処したいものです。

アミノ酸系の洗浄成分

薬用シャンプーは頭皮を優しく洗うためにアミノ酸系の洗浄成分が使われています。普通のシャンプーは洗浄力の強い高級アルコール系の洗浄成分が入っていますが、これは汚れが落ちやすい分、頭皮にまでダメージを与えてしまいます。実は、頭の洗いすぎは頭皮トラブルの多い原因となっているため、皮脂をごっそり落とすのではなく頭皮を守る最低限の皮脂を残す洗髪が望ましいです。

薬用シャンプーの効果

まとめると、薬用シャンプーの効果はこの3点です。

  1. ・頭皮のにおいの改善が期待できます
  2. ・頭皮のかゆみが和らぎ、炎症をおさえます
  3. ・髪のベタつきをおさえます

皮脂を分解し、頭皮に悪さをする細菌をおさえ、頭皮からフケが出ることや、かゆみ・炎症を軽減します。また、古い皮脂を流すことで頭皮のにおいも改善が期待されます。さらに、保湿効果を持っているので頭皮の乾燥を防ぎます。

頭皮の乾燥は表面が壊れやすくなることと同時に、皮脂の過剰分泌のリスクとなります。頭皮は一気に乾燥すると、それに対抗すべく多量の皮脂を分泌させます。皮脂を取り除いた頭皮が乾燥肌だったという例(混合肌)も珍しくありません。

どのような人におすすめ?

よって、薬用シャンプーがおすすめなのはこんな人です。肌が弱い人は、頭皮も弱い可能性があるので、シャンプーによって頭皮の状態が悪化することも十分に考えられます。しかし、頭を洗わないと皮脂が酸化し細菌が繁殖します。このような不衛生な状態では頭皮が荒れ、フケやかゆみに悩まされるでしょう。さらに、古くなった皮脂が毛穴に詰まることで毛穴から酸素を取り込めず髪が弱ってしまいます。

このような状態を改善したい人におすすめなのが薬用シャンプーです。シャンプーは原料だけでなく頭皮の状態に合わせて脂性肌用や乾燥肌用に種類が分かれています。

  1. ・もともと肌が弱く、皮膚炎を抱えている
  2. ・頭皮や髪がべたつき、臭いがする
  3. ・頭がかゆくて、人前でも掻いてしまう
  4. ・薄毛対策をしたい

肌が弱い人は、頭皮も弱い可能性があるので、シャンプーによって頭皮の状態が悪化することも十分に考えられます。しかし、頭を洗わないと皮脂が酸化し細菌が繁殖します。このような不衛生な状態では頭皮が荒れ、フケやかゆみに悩まされるでしょう。さらに、古くなった皮脂が毛穴に詰まることで毛穴から酸素を取り込めず髪が弱ってしまいます。

このような状態を改善したい人におすすめなのが薬用シャンプーです。シャンプーは原料だけでなく頭皮の状態に合わせて脂性肌用や乾燥肌用に種類が分かれています。

まとめ

頭のトラブルにはシャンプーより薬用シャンプーが良いのはいうまでもありません。しかし、薬用シャンプーにもその品質や相性があります。だからこそ、有効成分と一緒にどんな原料が使われているかもしっかり確認しましょう。地肌に合った薬用シャンプーで健やかな頭皮を目指してみませんか。