自宅で簡単!お金をかけないフケ予防法とは

フケ症状はいきなり出ることもあります。今までなかったのに、「もしかしてフケ…?」「信じたくないけれどどうにかしたい!」という方へ。そもそもフケとはなにか、なぜフケは発生するのかという原因と、自宅でお金をかけずにできる予防法をご紹介します。

そもそもフケってなに?

頭皮も肌の一部なので、日々新陳代謝によって新しい表皮細胞に生まれ変わっています。健康な皮膚なら、細胞が生まれてから角質になり、約28日間で垢となってはがれ落ちます。細かいので、目に見えることはほとんどありません。それが何らかの原因で、ハッキリ見えるほど大きな状態で落ちてしまうのがフケです。ターンオーバーが異常に早まり、成長していない表皮細胞がごっそり重なってはがれ落ちてしまうためです。このフケには原因に分けて2種類あります。

・乾燥による「乾性フケ」
水分量を失った肌から角質がめくれ上がり、肩にフケとしてパラパラと落ちてくるのが「乾性フケ」です。だれにでも多少なりともあるのが普通で、健康なら落ちてもあまり気にならない大きさです。ところが、空気の乾燥、加齢、頭皮の洗いすぎなどによって頭皮が乾燥すると、ダークスーツを着ると目立つほどパラパラ落ちてくることがあります。パーマやカラー剤の刺激、アトピー性皮膚炎や薬の副作用による乾燥肌、頭を洗う際の水の硬度や塩素、熱いお湯でも地肌の乾燥を引き起こすことがあります。
・皮脂の過剰分泌による「脂性フケ」
頭皮が赤くなって、髪の間に大きめのフケがたまっていることがあります。湿疹のときのようにかゆみを伴うので、ついかきむしって爪の隙間にフケがつまってしまうことも。これは余分な皮脂に、はがれ落ちた表皮細胞がまざった「脂性フケ」といわれるもの。原因は肌の常在菌のひとつ・マラセチア菌が増えすぎることによって起こる脂漏性皮膚炎が代表的です。また乾燥した頭皮が自己防衛機能を働かせ、足りない潤いを皮脂でカバーしようと過剰分泌してしまう「インナードライ」という現象も原因かもしれません。このほか、癜風(でんぷう)菌と呼ばれるカビの過剰増殖、皮脂をとりすぎるシャンプーや整髪料の洗い残し、ストレスや食生活の乱れも関係があるといわれます。

いきなり出てきた!フケの原因とは

肩を見てびっくり!いきなりフケが!という場合は、ターンオーバーが乱れて頭皮環境が悪化している証拠です。下記の原因が考えられます。

ストレス
急にフケが増えた場合は、最近身の回りで変化がなかったかを考えてみましょう。引っ越しや転居、転職などでストレスが重なった、部署が異動になった、忙しいプロジェクトに参加して睡眠不足になった・・・そんな一見関係なさそうな環境の変化でも、フケの原因になり得ます。人はストレスを感じると、気づかないうちに免疫力が低下します。その結果、マラセチア菌などの雑菌が繁殖、頭皮トラブルを起こしやすくなってしまうのです。
食生活
年末年始などアルコールを飲む機会が増え、「飲み会の〆はラーメン!」なんて日々が続くと、打撃を受けるのは肝臓だけではありません。頭皮の健康にも悪影響を与えます。頭皮の状態は、食生活とも密接に関係しています。特に注意しなければならないのは油脂。脂っこい食事というと、つい肉類のことかと思いますが、油分の多いスナック菓子、インスタント食品なども大敵です。また、「一人暮らしを始めたらフケが増えた」という場合は、ビタミン不足が考えられます。皮脂の過剰分泌は、ビタミンB2,B6が不足している可能性があります。またビタミンCはストレスを感じたり、お酒の量が増えたりすると破壊されます。
ヘアケア
「カラーをした次の日から頭皮がピリピリして、フケが大量に出るようになった」という体験談はよくあります。髪より頭皮に強いダメージを与えるといわれる、パーマやカラーリング。頭皮の乾燥を感じるとき、湿疹などのトラブルがあるとき、はたまたストレスがかかったり、ホルモンバランスが乱れていたりするときは、頭皮に余分な刺激を与えないようにしましょう。うっかりパーマやカラーリングをしてしまうと、アレルギー症状につながる場合があります。また毎日のヘアケア剤の刺激や、洗い残しによるターンオーバーの乱れも、新陳代謝を異常に速めてフケの原因になることがあります。頭皮環境が改善するまでは、当分これらの使用を避けましょう。
洗髪方法
「洗いすぎ」は頭皮トラブルの原因として高い割合を占めます。少しフケが出ると「不潔だから」と勘違いして、ゴシゴシ爪を立てて洗って頭皮を傷つけていたり、1日2回洗髪したりするなど、かえってダメージを与えて症状を悪化させてしまうことも。頭皮の皮脂は悪いものではありません。皮脂は頭皮を乾燥やアレルゲンの侵入から守る“バリア”の役割を果たしています。必要以上に皮脂をとりすぎるような洗い方はやめましょう。また、熱すぎるお湯で洗髪するのも乾燥を招くので注意が必要です。
シャンプー
ドラッグストアで一番手軽に買えるのが「高級アルコール系シャンプー」です。洗浄成分は主にラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウリルスルホン酸Na、ラウリルベンゼンスルホン酸Naなど「石油系界面活性剤」と呼ばれるものを使っています。実はこれ、頭皮へのダメージが心配されるシャンプーでもあります。泡立ちは良いのですが皮脂をとりすぎることがあるからです。
加齢
40代に差し掛かると、肌細胞の水分量が減って、乾燥肌になる人が増えてきます。これは常に新しい細胞に変わるターンオーバーの機能が衰えているから。頭皮でも全く同じことが起こっているため、乾燥からフケが増えてしまうことがあります。ショックなことですが、加齢による乾燥や保湿力の低下で、フケ症状が起こる可能性は誰にでもあるのです。

お金をかけずに自宅でできるフケ予防法

頭皮環境が悪いと感じたら、ヘッドスパや頭皮エステに毎日通えるといいですよね。でも、お金も時間もかかるもの。しかし、これほどの手間をかけずに、今日からできるフケ予防対策があります。シャンプーによる頭皮ケアです。これは効果が出やすいので、今使っているシャンプーを見直し、自分の頭皮にあったものに変えてみましょう。またフケの原因によっては、食事や生活習慣を変えることで効果が出る人もいます。レバーやかつお、ほうれん草などの緑黄野菜を積極的にとるようにしましょう。「万能美肌成分」として知られるビタミンCも効果的です。野菜多めの和食を基本に、ヘルシーな食生活を心がけましょう。

地肌を健康に導くシャンプー選び3つのポイント

フケがあるときはどんなシャンプーを選べばいいのでしょう。おすすめは洗浄力がマイルドで、フケ予防に必要な成分を含む下記の3つです。

  • ・洗浄力がやさしいアミノ酸系シャンプー
  • ・地肌に負担をかけないノンシリコンシャンプー

これをすべて満たしているのが「DメディカルbyスカルプD」という商品です。「スカルプD」で知られるアンファーが、頭皮トラブルに悩む人のために開発したアミノ酸系ノンシリコンの薬用スカルプシャンプーです。種類は「フケ・かゆみ用」「乾燥肌用」の2つ。どちらも独自開発の次世代アミノ酸系洗浄剤「アミノウォッシュ+(プラス)」が皮脂・汚れをやさしく取り除いてくれます。そしてお悩みを改善させるために、2種類それぞれ違う有効成分を配合しているのもポイント。

  • ・フケ・かゆみ用=原因菌の増殖を抑える「ミコナゾール硝酸塩」
  • ・乾燥肌用=保湿に効果が高い「アラントイン」

頭皮トラブルを改善に導くシャンプーとして、おすすめします。

なお、フケ止めの殺菌作用のある成分として知られるジンクピリチオンですが、刺激が強く、紫外線を受けると頭皮にダメージを与えることもあります。かゆみ止め成分の中にも刺激が強すぎるものがあるので、できれば試供品などでパッチテストをしてから購入することをおすすめします。

フケを増やさない洗髪の方法

どんなタイプのフケに悩んでいても、シャンプーは1日1回で十分です。フケがひどい場合は、髪を洗う回数を減らします。お湯洗いとシャンプーを1日おき交互にするのも良いでしょう。強い力でゴシゴシ洗ったり、爪を立てて洗ったりするのはやめて、指の腹でやさしくマッサージする洗い方に変えてください。シャワーやお風呂の温度はぬるめで。シャンプーやコンディショナーのあとは丁寧に時間をかけてすすぎましょう。シャンプーの使用量は最小限にすること、あまり時間をかけすぎないことも大切です。フケ予防に効果的な下記の洗い方を、ぜひ試してみてください。

  • 1:洗髪前にブラシか手ぐしで髪のもつれをほぐす
  • 2:指の腹を使ってよくすすぐ
  • 3:500円玉大のシャンプーを両手になじませる
  • 4:1度目は「髪を洗う」感覚で後頭部から順にシャンプー(順番は、頭の後ろ⇒頭の脇⇒頭頂部⇒すすぐ)
  • 5:2度目は「頭皮をマッサージする」感覚で、指の腹を使ってシャンプー
  • 6:時間をかけてヌルつきがなくなるまで丁寧にすすぐ

地肌を守るドライヤーの方法

洗髪後の自然乾燥や生乾きのまま寝る行為は、フケの原因菌を増やすことがあります。下記のコツを参考にドライヤーできちんと乾かしましょう。

  • 1:洗髪後できるだけ早く乾かしましょう。濡らしたままにすると菌が増殖します。
  • 2:ドライヤーの前に、清潔なタオルでタオルドライをしっかりと。ゴシゴシせずにたたく感じで水分をとります。できれば数枚タオルを取り換えながら乾かしましょう。
  • 3:モードは中程度の温風で。地肌の乾燥・角質のめくれを防ぐため、高温は避けます。もし高温・強風のモードしかない場合は、乾いたタオルで直接風があたるのを避けながらドライヤーをかけましょう。
  • 4:風を当てるのは地肌を中心に、遠くから。髪を持ち上げながら、根元を狙って乾かしましょう。
  • 5:8割乾いたら温風を冷風に切り替えて仕上げを。地肌をクールダウンさせ、めくれ上がった角質を落ち着かせます。
  • 6:乾燥肌の方は、最後に保湿成分の入った育毛剤で頭皮に潤いをあげましょう。(脂漏性皮膚炎の方は、何もつけないことをおすすめします)

椿油で頭皮マッサージ

フケの予防には頭皮マッサージがおすすめです。そのとき使いたいのが「椿油」。皮脂の成分で最も多く含まれているオレイン酸グリセリドを85%も含有しており(オリーブオイルは75%)、低刺激で髪や肌になじみやすい天然の保湿成分です。これをクレンジング&保湿として使います。シャンプー前にひと手間かけることで、皮脂汚れを無理なく浮かせて、フケ・かゆみを抑えます。

  • 1:シャンプー前の髪の乾いた地肌に椿油をぬり、地肌にいきわたるよう広げます。
  • 2:頭皮を傷つけないよう、指の腹を使って、クルクルと小さな円を描くようにすり込んでいきます。
  • 3:頭皮全体にすり込み終わったら、お湯につけて絞ったタオルで頭全体をくるみ、15分待ちます。
  • 4:普通にシャンプーを行い、余計な椿油が残らないようすすぎを丁寧にします。

これを週に2回ほど続けると、乾燥やかゆみの改善に。頭皮の血行も良くなり、フケ症状がしずまることがあります。またエッセンシャルオイルをシャンプーにまぜる方法も。レモンのほかユーカリ、パチュリ、ティートゥリー、ローズマリー、シダーウッドなどがフケ予防に効果があるといわれています。

子どものフケ すぐできる対策とは

新陳代謝がとっても活発な成長期の子どもには、フケがつきものです。皮脂の分泌が多いことも原因のひとつ。とはいえ、あまりフケが多いと「いじめ」の対象になることも…。日常できる子どものフケ対策として、1日1回、大人がやさしく洗髪してあげてください。シャンプーの選び方、洗い方の基本は大人と同じ。大人は合っているシャンプーでも、子どもには刺激が強すぎることがあるので、より低刺激のアミノ酸系シャンプーがおすすめします。子どもが自分で洗いたい場合は、始めから泡で出てくるベビー用シャンプーなどが使いやすいと思います。もうひとつ、食生活にも気を配ってあげてください。ビタミン、ミネラルのバランスの良い食事は成長にも欠かせません。特におやつは要注意。スナック菓子や糖分の多いジュースは、フケを増やす原因になっていることもあります。果物や焼き芋など、できるだけ自然なものを与えてあげましょう。なお、激しくかきむしって炎症を起こしていたり、一部が脱毛していたりする場合は感染症の可能性があります。迷わず皮膚科医などに相談しましょう。

洗いすぎをやめることがフケ対策の第1歩

急に増えるフケの原因は、ターンオーバーの乱れによるもので、その原因は日常生活の中にもたくさんひそんでいます。例えば、刺激の強いシャンプーの使用や、カラーリングなどは頭皮へ過剰な刺激を与えてしまいます。また、ストレスや睡眠不足、食生活などが頭皮のターンオーバーを乱す原因になることも。まずは、頭皮に負担のかかる「洗いすぎ」をやめて、自宅で簡単にできる地肌ケアから始めましょう。しばらくしてもよくならなければ、皮膚科などで専門家に相談することをおすすめします。