フケやかゆみに適したシャンプーと頭皮の正しい洗い方

フケや頭皮のかゆみは不快なものですよね。実はこれは頭皮が健康状態ではないというサイン。毎日何気なく行っているシャンプーで改善できるかもしれません。ここではシャンプーの選び方、正しいシャンプー方法、シャンプー後の頭皮ケアについて解説します。

シャンプーでフケやかゆみは改善できる!

あなたはシャンプーをする時、何かを意識しながら行っていますか?フケやかゆみで悩んでいる場合、使っているシャンプーに含まれている成分が頭皮に合っていなかったり、正しいシャンプー方法で洗えていなかったりすることが原因になっている可能性があります。そのため、普段ルーチンワークのように行っているシャンプーを見直すと、フケやかゆみの改善につながるかもしれません。

シャンプーの役割

シャンプーは髪の毛についてしまった汚れや埃を落とすだけではありません。一番の目的は、毎日分泌される皮脂を落とし、健康な頭皮を保つことです。頭皮にはTゾーンよりも多い数の皮脂線があります。そこから毎日分泌される皮脂が落としきれていないと毛穴を詰まらせてしまったり、フケやかゆみの原因となったりします。しかし、皮脂はただ落としきればいいというものでもありません。皮脂には頭皮を守るバリアのような役割もあるため、皮脂を落としすぎないことも大切なのです。皮脂を落としきれていなかったり、すすぎ残しがあると脂性フケの原因にもなり、逆に洗いすぎたり、シャンプーに含まれる成分の洗浄力が強すぎると乾性フケの原因にもなります。どんなシャンプーを使うのか、どんな洗い方をするのか、シャンプーは重要な役割をしているのです。

フケやかゆみにオススメのシャンプーとは

シャンプーは「高級アルコール系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」、「石鹸系シャンプー」と大きく3つの種類に分けることができます。それぞれの特徴について簡単に説明します。

・高級アルコール系シャンプー
ここでいう「高級」とは、値段が高い、質がよいという意味ではありません。高級アルコールとはアルコール分子中に炭素数の多く含むアルコールのことです。反対に炭素数の少ないものは低級アルコールと呼びます。原料として石油由来の高級アルコールを使った界面活性剤を含んでおり、泡立ちのよさと強い洗浄力が特徴です。高級アルコール系シャンプーは手頃な価格で販売されており、ほとんどの市販シャンプーがこれに当たります。
・アミノ酸系シャンプー
天然由来の界面活性剤を使用していて、頭皮への刺激が少なく、頭皮に優しいシャンプーです。洗浄力はあまり強くありません。ただ、アミノ酸系シャンプーの値段は高価です。高級アルコール系シャンプーと比べるとかなり高く感じるかもしれません。
・石鹸系シャンプー
石鹸は昔から使われていて、無添加で天然由来の原料から作られた界面活性剤を使用していることからも、自然志向の方に好まれる傾向にあります。ただ、石鹸系シャンプーはアルカリ性で洗浄力が強く、毛穴の汚れをしっかり落としてくれると同時に、皮脂を落としすぎてしまうという可能性もあるので、使い方に注意が必要です。

では、フケやかゆみにオススメのシャンプーとはどんなものがあるのでしょうか。

アミノ酸系のシャンプーがオススメ

洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているのがアミノ酸系シャンプー。アミノ酸はそもそも人間の体を構成している基本成分です。そのため、体や髪の毛や地肌に優しくなじみ、負担がかかりません。また、洗浄力が強すぎるわけではないので、洗いすぎて頭皮が乾燥してしまったり、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまったりすることもありません。洗いすぎによる頭皮の乾燥が原因の乾性フケの人や、必要な皮脂まで落としてしまって皮脂の過剰分泌をしている脂性フケの人にも、オススメのシャンプーです。

ノンシリコンを選ぶべき?

シリコンには、髪の毛の指通りが滑らかになってツヤがよくなる、髪をコーティングすることにより静電気の発生を防止してくれたり、熱から守ってくれたりするという特徴があります。髪の毛や頭皮にとって優しい、よくないというよりも「仕上がりがどうか」で選んでもよいでしょう。ただ、すすぎが足りなくてしっかり落としきれないと頭皮に負担をかけ、フケやかゆみの原因になってしまう可能性があるので、すすぎ残しが心配な場合はノンシリコンをオススメします。

薬用シャンプーと市販のシャンプーの違い

ドラッグストア等でも購入できる薬用シャンプーですが、市販のシャンプーとはどのような違いがあるのでしょうか。2つの特徴について説明します。

・薬用シャンプー
医薬品ではなく、医薬部外品(医薬品に準ずるもの)に該当するものです。つまり、効果・効能が認められた成分が配合されているけれども、それは積極的にその症状を治すものではなく、あくまでも予防することに重点がおかれているというものになります。そのため、薬用シャンプーにおいてはフケやかゆみを防ぐ有効成分が配合されています。
・市販シャンプー
石油由来の界面活性剤を使っているものがあり、洗浄力が強いので乾燥して敏感になっている頭皮にはあまり適していません。洗浄力が強いと、頭皮の保護に必要な皮脂まで奪ってしまう可能性があり、それがフケやかゆみの原因になってしまう可能性があります。

頭皮の乾燥にオススメのシャンプー

洗浄力が強すぎないシャンプーがオススメです。特に乾燥が気になる場合は、やはりアミノ酸系のシャンプーがよいでしょう。乾燥して敏感になっている頭皮にも優しく、余分な皮脂や汚れ、埃も落とすことができます。洗う時には、頭皮をゴシゴシ洗ったり、爪を立てたりしないようにしましょう。

正しいシャンプー方法

フケやかゆみを改善するためにも、頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶだけでなく、正しいシャンプー方法で洗うようにしましょう。シャンプー方法について説明します。

1.シャンプー前にはブラッシングを。
ブラッシングすることで、髪の毛についている汚れや埃を落とすことができます。
2.38℃くらいの熱すぎないお湯で予洗いを。
地肌までしっかり濡らして洗うことで、頭皮や髪の毛についた皮脂や汚れ、埃等の大半を落とすことができます。
3.シャンプーをしっかり泡立てる。
手のひらでしっかり泡立てましょう。ネットを使って泡立てるのもオススメです。泡をしっかり作ることで広い範囲にシャンプーを行き渡らせて洗うことができます。また、泡はクッションの役目を果たし、滑りがよくなり、摩擦の傷みからも守ってくれます。
4.地肌をしっかり洗う。
シャンプーの泡を地肌につけて頭皮をしっかり洗っていきます。わしづかみにするように頭皮をつかんで、指の腹で円を描くように頭皮をマッサージしたり、ジグザグとした動きも加えて、頭皮を動かすイメージで洗っていきます。マッサージは頭皮の血行もよくしてくれます。
5.よくすすぐ
シャンプー剤の洗い残しはフケやかゆみの原因になります。熱すぎないお湯でしっかり洗い流していきます。
6.リンスやトリートメントは頭皮につけない。
リンスやトリートメントは頭皮には必要ありません。髪の毛の指通りをよくするものなので、毛先や髪の毛だけにつけましょう。もちろんすすぎはしっかり行ってください。
7.タオルドライとドライヤーで乾かす。
まずはタオルで水気をとります。ゴシゴシ拭くと髪の毛が絡まり摩擦で傷んでしまうので、髪の毛をタオルで包み込むようにして両手で挟んで水分をとっていきましょう。使用するタオルは清潔なものにしてください。タオルについている雑菌がフケやかゆみの原因にもなります。ドライヤーはできれば風速、風量がある低温タイプのものがオススメです。根元の方から頭皮もしっかり乾かすようにしましょう。

シャンプーに+αでさらに効果大!頭皮ケアについて

頭皮に優しいシャンプー剤を使って、正しいシャンプー方法で頭皮と髪の毛を洗ったら、+αとして頭皮ケアを行いましょう。シャンプー前に頭皮の皮脂を押し出すようなイメージでマッサージすると、頭皮も柔らかくなり、シャンプーの時に皮脂を効果的に落とせます。また、ドライヤーの後に頭皮に化粧水や保湿剤、オイル等も用いてマッサージするのもよいでしょう。マッサージで血行がよくなるだけでなく、ドライヤーで乾いた頭皮に潤いを与える効果もあります。また、23時~2時はゴールデンタイムといわれ、睡眠中に成長ホルモンが一番多く分泌される時間です。23時までに頭皮マッサージをして睡眠をとると、ガチガチに凝り固まった頭皮よりもホルモンの分泌が活発になります。頭皮マッサージはリラックス効果も高いので、たまにはヘッドスパ等を利用してみるのもオススメですよ。

まとめ

フケやかゆみに適したシャンプーと頭皮の正しい洗い方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。シャンプーを選ぶ時は、シャンプーに含まれる成分が頭皮に与える影響を意識しながら、あなたの頭皮にあったものを選んでみてください。正しくシャンプーし、頭皮をしっかりケアすることで、フケやかゆみといった不快な症状を改善できる可能性があります。ただし、シャンプーであまり改善が見られない場合は、皮膚科等を受診し、医師による正しい判断を仰ぐことも大切です。