頭皮のかゆみと抜け毛がひどい場合の原因と対処法

無性に頭がかゆくなることはありませんか?しかし、かきむしると抜け毛も気になる…それはシャンプーのせいかもしれないし、なにか病気のせいかもしれません。その症状の原因や対処法を知って、あなたの頭皮を守りましょう!

かゆみと抜け毛の関係性

頭皮のかゆみと抜け毛。一見関係がなさそうにも思えますが、実は密接なかかわりを持っています。かゆみのために爪を立ててかくことで、頭皮には細かい傷がたくさんついてしまいます。そこから雑菌や汚れが侵入して頭皮にダメージを与えるために毛根が弱って抜け毛が増え、結果として薄毛を引き起こしてしまうというのが「かゆみ」と「抜け毛」の関係性なのです。また抜け毛の可能性としては、脂漏性脱毛症であることも考えられます。こちらはホルモンのバランスが乱れ、頭皮に皮脂が過剰分泌されることで起こります。過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいで毛穴や毛根が炎症を起こしてしまい、抜け毛や薄毛が増加します。

>脂漏性皮膚炎のかゆみについて詳しくはこちら

かゆみと抜け毛の原因と対処法

かゆみが抜け毛を招く要因の一つになっているのだとすれば、そもそもなぜ頭皮のかゆみは発生してしまうのでしょうか?頭皮のかゆみの元凶として考えられる原因とその対処法について、下記でご紹介します。

・シャンプーが頭皮にあっていない
まず、日常的に使用しているシャンプーが頭皮に合っていないことや、間違った方法で髪を洗っていることが考えられます。「シャンプーが頭皮に合っていない」というのは、具体的に言うと以下のようなケースが考えられます。
・使用されている成分が合わない
⇒シャンプーに配合されている成分の中に、肌に合わないものが含まれている場合があります。
・頭皮のタイプと逆のシャンプーを選んでしまっている
⇒頭皮に油分が足りている状態でリッチタイプのシャンプーやコンディショナーを選んでいたり、頭皮が乾燥している状態で皮脂を取るタイプのシャンプーやコンディショナーを選んでいたりすると、相性が良くないためにかゆみが生じることがあります。
洗髪方法についても、以下のような心当たりはありませんか?
・シャンプーを直接頭皮に乗せて洗っている
⇒まずは頭皮全体をマッサージするようにお湯で濡らし、シャンプーを泡立ててから洗髪を行うのが良い方法です。
・爪を立てて洗っている
⇒頭皮を傷つけ、健やかな状態を損なってしまう原因です。指の腹を使ってやさしくマッサージするように頭皮を洗うのがベター。
・きちんとすすいでいない
⇒シャンプーやコンディショナーはきちんとすすぎましょう。すすぎ残しもかゆみの原因となります。また、整髪料などの洗い残しにも気をつけましょう。
・きちんと乾かしていない
⇒洗髪後の髪を生乾きのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖してかゆみが起こりやすくなります。タオルドライの後はきちんとドライヤーで乾かすようにしましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも、頭皮に悪影響を及ぼします。ストレスによって円形脱毛症が起こることが知られているように、睡眠不足や心身のストレス・食生活の乱れなども頭皮環境を悪化させる大きな要因です。ストレスや睡眠不足は肌や頭皮の老化を早める「活性酸素」という物質を発生させてしまいます。ストレスは適度に発散させながら、質の良い睡眠を取ることを心がけてみてください。きちんとした食生活も健康な頭皮のためには欠かせません。活性酸素を除去する効果のあるポリフェノールや各種ビタミンなどを積極的に摂取し、バランスの良い食事を心がけてみてください。

・頭皮が乾燥している
頭皮の乾燥も避けるべき要因の一つとして挙げられます。前述の“頭皮に爪を立ててかいたり洗ったりする”という行為も、頭皮の正常な保湿機能を壊し、乾燥させる原因となるため、癖になってしまわないうちにやめるようにしましょう。また、次のような点も注意すべきポイントです。
・頭皮への刺激を避ける
⇒帽子やヘアアクセサリーなど、頭皮に触れる小物の素材は肌にやさしいものにし、洗濯洗剤にも気を配って、頭皮への刺激をできるだけ減らしましょう。紫外線による頭頂部の日焼けなどにも注意をしてください。
・シャワーや湯船の温度を見直す
⇒温度の高いお湯は皮脂の過剰分泌を促し、乾燥を促進してしまいます。シャワーや湯船はぬるめの温度設定にしておいてください。
・空調を見直す
⇒エアコンやホットカーペットなども頭皮の乾燥を招く要因となります。就寝時に使いたいのであればオフタイマーをセットしたり、普段から加湿器をつけて部屋の湿度を適正に保ったりすることがおすすめです。
・ヘアスタイルに気をつける
⇒頭皮に負荷のかかるようなヘアスタイルは避けましょう。髪の毛をきつく結び過ぎているなどして頭皮が引っ張られるような状態になっていると、牽引性脱毛症という脱毛症を引き起こしてしまう場合があります。頭皮へのダメージはできるだけ軽減するようにしてください。
・寝具の衛生状態が良くない
日常生活の中で見落としがちなのが寝具。特に枕カバーの衛生状態にはきちんと気を配っていますか?枕カバーが不衛生だと汗をきちんと吸収してくれなかったり雑菌の温床となってしまったりして頭皮にかゆみを覚え、寝ている間に無意識にかきむしってしまうことがあります。髪や頭皮に触れる可能性のある寝具はこまめに取り換え、清潔な状態を保つようにしましょう。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮膚が炎症を起こし、かゆみが起きたりフケのようなかさぶたができたりする症状です。汗腺の多い場所に発生しやすく、頭皮にも多く見られます。汗や皮脂、真菌(カビ)が原因であり、上で挙げたようなストレスや生活習慣・食生活の乱れなども影響します。脂漏性皮膚炎にかかった人は、重症化してから初めて医療機関を訪れるケースが多いため、治療にも時間がかかってしまう傾向にあります。ただのかゆみ・フケだと思い込んで放置してしまわず、頭皮に異変を感じたら早めに専門医(皮膚科など)を受診するようにすることも大切です。

>脂漏性皮膚炎の抜け毛について詳しくはこちら

シラミ症

頭皮に寄生するシラミに感染すると強いかゆみが現れます。通常の対人関係における距離を保っていれば感染することはあまりありませんが、頭を突き合わせて遊ぶ幼児同士や同じ家に住む家族内では容易に感染が拡大してしまいます。シラミに感染してしまった場合は、専用のくしやシャンプーを用いた駆除方法がありますが、自己判断を行うよりも皮膚科などの専門医による診断が確実でしょう。

あせもやニキビ

あせもやニキビが抜け毛につながることもあります。たくさん汗をかくことでふやけた角質が毛穴を覆ってしまうことにより毛穴で炎症がおき、湿疹・かゆみといった症状やあせもを引き起こすのです。また皮脂や汗、汚れなどが混ざり合って酸化が起こり、毛穴がふさがれてしまうケースもあります。この皮脂や汚れに雑菌が繁殖するとかゆみやニキビが起こりやすくなり、抜け毛や薄毛につながることがあります。もともと汗をかきやすい体質であればこまめに汗を拭くなどの対策をとり、頭皮を清潔に保ちましょう。

まとめ

放っておくと抜け毛を引き起こしてしまうこともある、頭皮のかゆみ。原因と対策を正しく知ってかゆみを予防し、健康な頭皮を目指しましょう。また、内分泌系の病気によってかゆみや抜け毛が発生しているケースもあります。健康診断などで基準値を外れている項目があるなどの不安要素がある場合は、総合病院・大学病院などに設置されている内分泌科を受診し、専門医に相談の上で適宜検査を受けてください。