乾燥で頭皮がかゆい!適切な対策とは

乾燥しやすい時期になると頭皮が無性にかゆくなる方、それは頭皮も乾燥している証拠です。乾燥してしまう理由を知って、頭皮の乾燥とかゆみを撃退しましょう。

頭皮が乾燥すると

頭皮に乾燥が起こる理由はひとつではありません。空調や湿度などといった外的要因の他、頭皮にダメージや傷がある場合、頭皮の老化が進行している場合、体調不良やストレスなど、その原因は多岐にわたるものであると言えます。

燥による頭皮のかゆみが起こる原因

首・顔・頭皮…とたどって行くとどこにも境目が見当たらないことからもわかるように、頭皮は“皮膚の一部”です。髪の毛で覆われてはいるものの、乾燥すれば頭皮のバリア機能が低下して刺激に弱くなり、かゆみや炎症を生じやすくなるという点では他の部分の皮膚と変わりません。ですから、乾燥しやすい冬は特に注意が必要です。寒さから水分の摂取量が減ること、エアコンや電気毛布などの暖房による湿度の低下、外気の乾燥など、頭皮から水分を奪われる要因がそこかしこにひそんでいます。乾燥によるかゆみから爪を立てて頭皮をかいてしまい、傷ついた表面から雑菌やウイルスが侵入して、乾燥やかゆみがますます悪化してしまいます。

誤ったシャンプーの仕方
毎日のように行うシャンプーは、頭皮に大きく影響を与えるものです。もしその方法が間違っていたとしたら、シャンプーの度に頭皮にダメージを与えている可能性も。日常的に行っているシャンプーについて、以下のような点をもう一度見直してみてはいかがでしょう?
シャンプーの選び方
乾燥や炎症などで頭皮が弱っていると感じる時は、刺激になりにくい弱酸性のシャンプーを選択するのがおすすめです。弱酸性の中でも、頭皮環境を整えてくれるアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。頭皮にかゆみがある場合などは、汚れや皮脂が原因ではないかと思い込んで、皮脂を徹底的に落とせるものを選んでしまいがちです。しかしそういったタイプのシャンプーだと、頭皮を保湿するために必要な皮脂まで取り除いてしまったり、肌に刺激が強かったりすることがあります。
シャンプーの仕方
かゆみをどうにかしたいと考えて、洗う際に必要以上に力を加えてはいませんか?汚れが落ちたりかゆみが軽減したりしそうなイメージがありますが、力を込めたり爪を立てたりする“ゴシゴシ洗い”は頭皮を傷つけ、余計にダメージを与えたり、乾燥を加速させたりします。頭皮にやさしいシャンプーの仕方を後述しますので、ぜひ参考にしてみてください。
誤ったヘアケア
一生懸命お手入れをしているつもりで続けていたヘアケアの方法が、間違っていたというケースもあります。先ほどもご紹介したように、頭皮は必要以上の刺激に弱いものです。ヘッドスパやスカルプケアなどの要領で行っていた頭皮マッサージが、摩擦や刺激となって逆に頭皮を傷めている場合も。またきっちりと頭皮や髪を乾かそうとするあまり、ドライヤーと頭皮の距離を近付けすぎたり、ドライヤーをあてる時間が長すぎたりすることもNGです。
頭皮の血行不良
顔に血行不良が起こると肌がくすんだり顔色が悪くなったりします。また、体の血行不良は体調の悪さや冷えを引き起こします。頭皮にとっても同様に、血行不良は頭皮のコンディションを損なう原因となるものです。必要な栄養が不足していたり、不規則な生活が続いたり、過度のストレスを抱えたりすることで頭皮の血行が悪くなり、気付いた時にはかゆみや乾燥がひどくなっているという例も少なくありません。
紫外線による頭皮の老化
頭皮は体の中で最も太陽に近く、腕や脚に比べて3倍近くの紫外線を浴びているとも言われています。そのため、何も対策を取らなければ、紫外線による影響が出るのは当然と言っても過言ではないのです。紫外線には、「肌の内部に活性酸素を作り出してDNAやコラーゲン・エラスチンを損傷させ、シワやたるみなどを加速させるA波(UVA)」「肌の表面に活性酸素を作り出してメラニン色素の生成を促し、シミやそばかすの原因となるB波(UVB)」、「オゾン層に吸収されるため、今のところ被害の心配がないC波(UVC)」の3種類があります。この中でもA波(UVA)は、頭皮の老化に最も深く関係します。頭皮の老化を促すことにもなりますので、紫外線を浴びない対策を取るのも必要です。

乾燥によるかゆみに対処するには

上記のように、頭皮の乾燥から起こるかゆみには何通りもの要因があることがわかりました。対策は原因によって違います。下記それぞれへの対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

やさしく指の腹でシャンプーをする
頭皮にかゆみや乾燥を感じても、決して乱暴なシャンプーに走ってはいけません。シャンプーの時は、指の腹を使ってやさしく頭皮を洗いましょう。頭皮全体をお湯で濡らしてからしっかりとシャンプーを泡立て、頭の下から上へ指の腹でマッサージをするようにシャンプーをしてみてください。洗い終わった後は流し残しのないよう丁寧にすすぐことも忘れずに。
丁寧なヘアケアを
先ほども少し触れましたが、頭皮に刺激を与えるようなヘアケアはやめましょう。強すぎるマッサージの他、くしでガシガシするブラッシングや長時間のドライヤーも避けておいた方が無難です。
しっかり保湿
「頭皮は皮膚の一部」とご紹介した通り、顔に使う化粧水は頭皮にも使えます。むしろ、保湿や皮脂コントロール、紫外線ダメージ回復などの効果が期待できるため、積極的に取り入れたいところ。ミストタイプの容器に詰め替えるなどの工夫をすれば頭皮にも使いやすくなります。また、頭皮専用のローションなども市販されているため、そちらを使ってみるのも良いでしょう。
生活&体質を改善する
健康な頭皮を維持するためにおすすめしたいのが、生活や体質を根本から改善してみるということです。まずは食生活。頭皮を酸性にしてしまうジャンクフードやお菓子類の過度の摂取や、暴飲暴食を避け、ビタミン類やポリフェノーなどを取り入れたバランスの良い食事を心がけましょう。また、質の良い睡眠を取ることやストレスを溜め込まないこと、規則正しい生活をすることなどもぜひ習慣づけてみてください。こういった改善は頭皮へも良い影響を与えます。そして、体質とともに、頭皮の状態も良くなってゆくのが感じられるはずです。
紫外線カット
頭皮に直接降り注ぐ紫外線も、きちんとカットしましょう。紫外線量の増える夏はもちろんのこと、雪の反射を受ける冬のゲレンデなどでも注意が必要です。UVカットの帽子やスプレータイプの日焼け止めなどで、万全の対策を。

まとめ

意外なところに原因がひそんでいる、頭皮の乾燥やかゆみ。ほんの少しの心がけで防げたり改善できたりすることもたくさんあります。早速今日から、頭皮を健やかに保つ生活を送ってみてはいかがでしょうか?