頭皮のかゆみと湿疹の原因は?シャンプーも原因かも?自宅での改善法をご紹介します。

頭皮に湿疹が起きて、かゆみが酷い…。そんな状態は辛いですよね。頭皮湿疹には4つの種類があり、それぞれ原因が異なりますが、きっかけとなるのは頭皮への刺激です。このページでは、全ての頭皮湿疹に共通する対策と、種類ごとの対策をご紹介します。

アナタはどの頭皮湿疹?4つの種類と特徴

頭皮がかゆく、湿疹がある状態というのは頭皮に何らかの原因で炎症が起きているということです。放っておくと悪化してしまい、治療するのに時間もかかってしまいます。原因により治療の仕方も異なりますので、自分の頭皮かゆみの原因は何なのかを正しく判断し、適切な治療をしましょう。これから4種類の頭皮かゆみの原因をご紹介します。

脂漏性皮膚炎
皮脂が過剰に分泌され、マセラチア菌という真菌が繁殖してしまうことで起きる皮膚炎です。頭皮に皮脂が多くなり、大きめの固まりになったフケが出始めます。ひどくなってくると頭皮にかさぶたができ、湿疹や激しいかゆみをひきおこします。
接触性皮膚炎
接触性皮膚炎は簡単に言うとかぶれている状態です。原因はシャンプーやコンディショナーの刺激・整髪料や毛染めによるアレルギー反応でも起こります。皮膚が弱い方は、なりやすいので注意が必要です。また肌のコンディションが悪い時も、バリア機能が弱まっているため発症しやすくなります。アレルギー反応ですので、一度なってしまうと、原因のシャンプーや整髪料を使うたびに皮膚炎が繰り返し起こってしまうことも考えられます。
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の方がなりやすい慢性的な皮膚炎です。皮膚がうすくバリア機能がうまく働かないので、外からの刺激に弱い人が多く、刺激の強いシャンプーなどはもちろん、紫外線や雑菌などによってもかゆみが引き起こされます。かゆみが激しい為、頭皮をかきむしりターンオーバーが正常に行われなくなるほか、頭皮に傷ができてしまい、リンパ液が出ることによる黄色いかさぶたや、血液がかたまって赤いかさぶたになることもあります。
皮脂欠乏性皮膚炎
皮脂が少なく肌が乾燥することにより起こる皮膚炎で、乾皮症とも呼ばれます。季節的に発症する場合もあり、特に冬など乾燥時期にかゆみなど、炎症を起こす人もいるでしょう。また洗浄力が強すぎるシャンプーを使うことで、頭皮が乾燥してしまうことがあります。細かく乾燥したフケが目立ち、頭皮は薄くなったりひび割れたりして外部刺激を受けやすい状態です。乾燥がひどくなると刺激に敏感になり、少しの擦れなどでかゆみが出ます。かいてしまうと肌表面が傷つき、ますます炎症がひどくなっていきます。

頭皮に湿疹ができる原因

頭皮に刺激があり、体がそれを防御しようとした時に起きる免疫反応で赤みや湿疹はできてしまいます。もちろん免疫反応自体は体に必要な反応ですが、皮膚が薄く敏感になっていると、普通の皮膚状態では大丈夫なはずのちょっとした刺激や異物でも過剰に反応してしまうのです。暑い季節になると悪化する人は、汗をかくことが刺激になっている場合もあります。

かゆみと湿疹を克服する方法

かゆみと湿疹を治すには、頭皮の状態を正常に戻す必要があります。とはいえ、かゆみというのは我慢し難い症状です。湿疹ができ、その頭皮をかくと頭皮は傷つき、ますます敏感で外部刺激に弱い肌になっていくというサイクルが出来上がってしまいます。

病院でできる治療
症状に見合った薬を処方してもらえるのが病院の魅力です。頭皮の炎症は顔などに比べて治りにくいのですが、市販されていない効果の高い薬を使用することができます。直接塗るのは飲み薬よりも効果が高いとされていますが、軟膏のようなテクスチャーのものは髪があるので塗りづらいことが難点です。ローションになったステロイド薬もありますが、比較的強い薬ですので希望される方は病院で処方してもらいましょう。まれに、薬疹といって薬で発疹やかゆみが出てしまう方もいるようです。薬が合わず、塗った後にかゆくなってしまう薬疹などが出た場合にも、病院で相談できますので安心ですね。
1.脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎は抗真菌剤と炎症を抑える薬が処方される場合が多いです。皮膚科医ではケトコナゾールやミコナゾールといった抗真菌剤を処方されます。かゆみがひどいと、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤でかゆみをしずめる必要があります。
2.接触性皮膚炎
アレルギーの原因を探るためにパッチテストなどを行います。アレルギー原因の多くは整髪料や毛染めの成分の場合が多いので、原因を特定することで炎症の原因を避けられるようになれば、皮膚炎は起きません。
3.アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎はひどいかゆみをともないますので、かゆみが出てきた時点で病院へ行くのがおすすめです。医師に処方に従い、ステロイド剤を正しく使用し、かゆみを抑えながら適切な保湿を行うことで皮膚の状態を正常に戻していきます。頭皮に塗ることが難しい場合は内服薬を処方してもらいましょう。
4.皮脂欠乏性皮膚炎
病院では保湿剤であるヒルドイドやワセリン、ケラチナミンを処方してもらい治療します。炎症を起こしかゆみがひどい場合にはステロイド剤などを使う場合もあります。

自宅でできること

「ステロイドを塗ってもなかなか治らない…」とお困りの方も多いと思います。薬を適切に使うことはもちろん大切ですが、生活の中で皮膚炎の原因となってしまいやすい部分を改善していくことも、とても大切です。洗浄力の強いシャンプーを避け、洗髪後きちんと髪の毛をかわかすだけでも雑菌の繁殖を抑えることができます。食事や生活リズムを正し、きちんと睡眠を取りストレスのない生活を送ることで体のバランスが整いますので皮膚の状態も整えられるのです。また、皮膚がもともと弱いと自覚のある方は、整髪料・紫外線、汗が刺激になる場合もありますので、それぞれにきちんと対策されると良いでしょう。整髪料はなるべく避ける、紫外線対策では帽子をかぶる、汗はこまめに拭く、といった程度の簡単なものでOKです。少しかゆみが気になるけれど病院に行く時間がないという時は市販薬で一時的に対応することもできます。

1.脂漏性皮膚炎の対策
頭皮にかさぶたが出来ている時、それをはがしてしまうと傷になり細菌に感染することもありますので、自然にはがれてくるのを待ちましょう。慢性化しやすい病気ですので、再発を防ぐには完治後も、シャンプーなど頭皮に刺激のないものを使用し、正しい生活リズムや食生活で、皮脂のバランスを保つことが大切です。
2.接触性皮膚炎の対策
アレルギーが原因ですので、一度アレルギー反応が起きてしまったシャンプーや整髪料、毛染めは使用しないようにします。頭皮が敏感になっていることが原因で一時的に起きてしまっただけであれば、すぐにかゆみなどは収まります。シャンプーや整髪料の洗い残しがありそうな場合はしっかりと洗いすすぎをします。また、頭皮にかゆみがあり、敏感になっている時期の毛染めは避けた方が無難です。
3.アトピー性皮膚炎の対策
アトピー性皮膚炎はそもそもバリア機能が弱い肌で起こるため、肌をなるべく正常に保てるよう保湿などをかかさず行い、強い刺激や洗浄力のあるシャンプーなどを使用しないことが一番の対策です。しかし、季節や空気の乾燥により、どうしても肌が敏感な状態になりやすく、激しいかゆみを伴うのもこの皮膚炎の特徴です。かゆみが起こってしまうと自分でどうにかしようとしても悪化してしまう場合が多く、ひどくなるとかきむしりによるリンパ液のかさぶたなどが出来てしまうので、ひどくなる前に病院へ行くのが一番の解決法になります。
4.皮脂欠乏性皮膚炎の対策
乾燥することにより肌のバリア機能が失われますので、保湿し、過度な洗髪を行わないことで予防が可能です。マイルドな洗浄成分のシャンプーを使用すると、皮脂を取りすぎることなく、乾燥をふせぎ、かゆみなどを抑えることもできるでしょう。また、流す時のお湯の温度が高すぎると皮脂を流しすぎてしまう為、ぬるめのお湯での洗髪が望ましいです。その後の保湿は頭皮用の化粧水なども発売されていますので、肌に合う保湿剤を探すのも良いでしょう。顔に使用している化粧水を使用しても問題ありません。

頭皮のかゆみはシャンプーが原因かも?

頭皮のかゆみについてご紹介してきましたが、シャンプーが原因となっていることが多いのは上述の通りです。

既にかゆみや湿疹が出ている場合、肌のバリアが弱くなり、敏感になっていることを考えると、なるべく頭皮に優しいマイルドな洗浄力のシャンプーを使うように心がけると良いでしょう。

シャンプーは大きく分けて、高級アルコール系シャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類があります。そのうち、洗浄力がマイルドと言われているのはアミノ酸系シャンプーです。代表的な成分として、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルアラニンNaなどがあります。

一方、市販されているシャンプーで多いのは高級アルコール系シャンプー。ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどが成分表の上位に記載されている場合は、洗浄力が強めだと考えられるでしょう。こうしたシャンプーを日々使い続けると、頭皮に必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥を引き起こす可能性があります。

一度、今使っているシャンプーの成分を確認してみるのがおすすめです。毎日使うシャンプーだからこそ、自分の頭皮に合うものを選び、頭皮のかゆみなどのトラブルを早目にケアしましょう。

まとめ

ストレスが多く生活リズムが乱れやすい現代人の生活は皮膚炎にも悪影響を与えます。体の中を整え、肌に優しいシャンプーなどを使用することで予防することは可能ですので、なるべく薬に頼らないようにしたいですね。もちろん悪化した時には、大丈夫だろうと勝手に判断せず受診することも必要です。不安に思う方は一度病院へ行ってみてはいかがでしょうか。