フケ・かゆみに効く薬はある?病院へ行かずに治す方法

フケやかゆみに悩んでいても、時間がなくて病院に行けない、病院には行きづらいという理由からセルフケアで治したいと思っている人も多いと思います。フケやかゆみに効く薬や自宅での対処法について解説します。

フケに効く薬はどんなものがあるの?

フケの薬は、塗り薬がメインです。頭皮に直接薬を塗布し、フケの原因となるかゆみや乾燥を改善させます。また、頭皮に十分な栄養が行き届いていないことで、フケの症状に拍車をかけている可能性もあるため、塗り薬と併せて、頭皮の栄養補助としてビタミン剤を服用することもあります。

市販されている薬について

ドラッグストアなどで市販されている、フケに効く薬についてまとめました。市販薬は自己判断での使用となるため、薬の内容をよく理解し、症状に合わせて適切な薬を選びましょう。

抗ヒスタミン系外用薬
かゆみを起こす物質であるヒスタミンの体内発生を抑えたり、すでに発生したヒスタミンの作用をブロックしたりするのが抗ヒスタミン系外用薬です。かゆみそのものにアプローチすることで、衝動的に皮膚をかいて傷つけることを防止し、皮膚炎が悪化しないようにします。また、皮膚を保湿して、乾燥から守る作用もあります。
有効成分・・・塩酸ジフェンヒドラミン等
ステロイド
湿疹や炎症を鎮めるのがステロイドです。市販されているステロイドは作用が穏やかなもののみですが、軽度の湿疹や炎症であれば改善させることができます。ただし、症状が落ち着いたら使用をやめてください。とくに、頭皮は皮膚が薄く、ステロイドを吸収しやすいため、長期間にわたる使用によって副作用(皮膚の硬化やただれなど)が出る可能性があるので注意です。
有効成分・・・ヒドロコルチゾン、クロタミトン等

病院で処方されないと貰えない薬

病院で処方される薬についてまとめました。医師や薬剤師の判断がなければ使用できない薬だからこそ、効果は市販薬よりも期待できます。

抗真菌薬・抗菌薬
抗真菌薬はフケの原因となるマラセチア菌などの真菌を、抗菌薬は炎症によって増殖する細菌を退治する薬です。フケの原因に直接アプローチするため、フケを根本的に治すことに長けています。しかし、作用は比較的穏やかであるため、改善が見られるまでには時間がかかります。
有効成分・・・ケトコナゾール、イトラコナゾール、ミコナゾール、ゲンタマイシン硫酸塩、ロキシスロマイシン等
ステロイド
ステロイドは、副腎皮質ホルモン剤とも呼ばれ、湿疹や炎症を短期間で鎮める薬です。ステロイドは効果の強い順に、strongest、very strong、strong、mild、weakの5段階に分類されており、市販ではmildまでのステロイドしか販売を許されていません。皮膚科では5段階すべてのステロイドを処方することができますが、効果が強くなれば強くなるほど、皮膚への刺激も強くなるため、塗布できる部位や使用期間は医師や薬剤師によって限定されます。一般的に、吸収率の高い部位(顔など)には穏やかなもの、その他の部位にはやや強いものが選ばれます。フケを引き起こす脂漏性皮膚炎には、とくに効果の強いstrongestやvery strongが使われることがあり、使用することで強いかゆみや赤みをすぐに落ち着かせることが可能です。ただし、strongestやvery strongは、ステロイドの中でもとくに皮膚に吸収されやすい成分が含まれているため、使用は1週間以内とされています。また、ステロイドは炎症やかゆみには非常に効果的ですが、フケそのものの原因となるマラセチア真菌を殺菌する効果はありません。そのため、根本的にフケを治すことはできず、あくまで強く現れている症状を鎮静させるために使用されます。
有効成分・・・クロベタゾールプロピオン酸エステル、リンデロン(ベタメタゾン)、モメタゾンフランカルボン酸エステル(フランカルボン酸モメタゾン)、フルオシノニド、ベトネベート、クロベタゾン酪酸エステル等
その他
皮膚科では、かゆみや炎症が強い場合は、塗り薬と合わせて内服薬を処方します。外側からも内側からも症状にアプローチすることで、より効果的に治療することができるためです。内服薬として処方されるのは、炎症を鎮める抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤、皮脂分泌をコントロールするビタミン製剤などがあります。また、皮膚は炎症を起こすと熱を持ち、その熱によって炎症が悪化します。その場合には、漢方薬が処方されることもあります。

自宅でできる対処法

フケや頭皮のかゆみを自分で治したいのであれば、市販薬でまずは頭皮の炎症を抑えましょう。また、市販薬の使用と並行して、生活を改善する必要もあります。生活を改善することで、フケの悪化を防ぎ、市販薬の効き目を良くすることが期待できるからです。今すぐ始めて欲しい具体的な対処法が以下5点です。

  • ・シャンプーは頭皮への刺激が少ないアミノ酸系のものを使用すること
  • ・洗髪は頭皮に爪を立てず、指の腹を使って優しくマッサージするように行うこと
  • ・洗髪後はすぐにドライヤーで乾かし、濡れたまま放置しないこと
  • ・バランスの取れた食事を心がけること
  • ・十分な睡眠を取ること

市販薬は、今ある症状を軽減させることまでしかできません。フケや炎症を起こさない健康的な頭皮にするためには、生活改善が不可欠です。

改善しない場合は病院へ行こう!

セルフケアで症状が改善されない場合は、皮膚科を受診しましょう。フケの症状にはさまざまあり、市販薬でしっかりと治るものもあれば、まったく改善されなかったり、一時的に落ち着いても再発したりするものもあります。また、効果のある市販薬でも、自分のフケ症状には適合せず、かえって症状を悪化させてしまうことも。そのままにしておくと、フケの症状がひどくなるばかりか、重度の皮膚炎に発展してしまう可能性もあります。皮膚科では、個人個人の症状に合わせて、適切な塗り薬や飲み薬を処方してくれるため、セルフケアよりもスピーディに安全に治すことができます。フケが気になるなら、できるだけ早めに皮膚科を受診してください。