フケがブラシで改善!?適切なブラッシング方法とは

フケはブラッシングでも改善します。シャンプーの際は、髪を濡らす前にブラッシングで毛のもつれをほぐしておくことで、洗い残しなどもなく、効率的に頭皮を洗うことができます。ここでは、ブラシの選び方、ブラッシング、ブラシ管理方法について解説します。

髪を洗う前にブラッシングをすると良い理由

シャンプーをする前にしっかりとブラッシングをするのが良いのは、髪や頭皮についた汚れや皮脂をブラッシングすることで落とせるからです。この時フケが出やすい方は、ブラッシングすることでフケを取ることができるのはもちろん、頭皮にこびりついてしまったフケも剥がれやすくすることができます。前もってブラッシングを行っておくと、余分な汚れが先に落ちているので、シャンプーの泡立ちもよく少量で洗うことができるので頭皮や髪にも優しいです。

どんなブラシを選べばいいのか

シャンプー前
シャンプー前のブラッシングに使用するブラシは髪の毛を傷めないものが良いと言われています。それぞれに特徴がありますので自分に合ったものを見つけましょう。使用するのはブラッシング用のパドルブラシやクッションブラシがおすすめです。
・ナイロンブラシ
安価で、ブラシに皮脂汚れなどがついても洗いやすいのが魅力です。ただ頭皮への刺激があるので、ブラッシングは優しくしましょう。また静電気が起きやすいので髪へのダメージがあります。
・獣毛ブラシ
艶がでる、頭皮へ優しいなどの魅力から獣毛ブラシは好まれ、シャンプー前のブラッシングに使用するのにおすすめです。しっかりと汚れを取ってくれますし、皮脂が髪の先端にまで届くので、髪に艶が出ます。また使っている最中もマッサージしているような気持ち良さがあります。しかし、ブラシについた汚れを落とすのに、専用のクリーニングブラシなどが必要になります。汚れてきたら水洗いしますが、頻繁に行うとブラシが傷むため注意が必要です。
・木製ブラシ
静電気が起きにくく髪の毛に優しいです。使い心地が柔らかく、頭皮への刺激も少ないためブラッシングしやすいです。ただし木製ブラシは洗いすぎると割れてしまいます。
・つげ櫛
京都などで売られているつげ櫛はおすすめする方も多く、つやつやになると評判で、大変優秀なアイテムです。コームのような形状のものは、髪の短い方の方が使いやすいかもしれません。手入れは椿オイルを使って行います。

頭皮の洗浄時

・シリコンブラシ
シリコンは柔軟性があるので、頭皮を傷めることなく洗浄することができます。マッサージをするように使うことで血行を促進し、頭皮の環境を整えることもできます。ですが、頭皮の洗浄効果は人間の指の方が高いと言われています。頭皮の状態により微調整ができ、爪を立てず指の腹で丁寧に洗うことができるからです。また頭皮を傷める心配がありません。
・その他のブラシ
その他、普通のナイロンブラシなどは固いため、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、洗浄には使用しないようにしましょう。

ブラッシング方法

1.毛先からとかす
毛先を少し指で持ち、もつれている所少しずつといていきます。いきなり根元からといてしまうと髪の毛が切れ、ダメージに繋がるので注意しましょう。
2.根元から毛先へむかってブラッシング
毛先から少しずつといていき、最終的には根元から先にむかってブラッシングできるようにしましょう。乱暴にすると髪の毛が抜けてしまう場合もあります。頭皮マッサージをするように優しくブラッシングするようにしましょう。

ブラッシングについて

ブラッシングを正しい方法で行えば、髪と頭皮を美しく保つことができます。乱暴にブラッシングしたりすると、頭皮を刺激して負担になりますので、逆にフケが増える可能性も考えられます。また必ず髪が乾いた状態の時に行います。髪が濡れた状態だとキューティクルがひらいてしまい、また刺激にも弱いので、ブラッシングすることで余計に傷んでしまいます。

湯シャンについて

湯シャンとは、シャンプー剤を使わずにぬるま湯だけで洗髪する方法です。この湯シャンをする方は、湯シャンの前に必ずブラッシングすることが重要になります。お湯だけでシャンプーをするので、前もってしっかりと髪と頭皮についた汚れを落としておかないと、汚れや皮脂、フケが落ちきらないからです。またブラッシングをしないと髪の毛がからまりやすくなり、切れることでダメージの原因となります。

ブラッシング後は…?ブラシの管理方法

ブラッシングに使ったブラシには、髪についた汚れがついています。そのまま放っておくと、雑菌が繁殖することもありますので、必ずきれいにお手入れしましょう。当たり前ですが、汚れたブラシでブラッシングしても、頭皮や髪の汚れをしっかりと落とすことはできません。また、ブラシを洗った後は十分に水気を取ることも必要です。ブラシにあったお手入れ方法でしっかりとお手入れしましょう。

ブラシの手入れ

・ナイロン製のブラシ
お手入れは簡単です。お湯などでしっかり洗うと汚れが落ちます。
・獣毛ブラシ
普段は専用のクリーニングブラシでこまめに汚れを落とすようにします。汚れがひどくなってきたらぬるま湯で洗い、しっかりと自然乾燥させます。
・木製ヘアブラシ
基本的には水回りでの使用を想定していないので水洗いできません。根元についた汚れは布や綿棒でこすり取りましょう。
・つげ櫛
椿オイルを櫛につけ、お手入れ用のハケなどで軽くこすり、椿オイルをなじませた後30分程度時間をおきます。汚れが浮きあがったらハケを使いしっかりと汚れをかきだし、布などで拭き取ります。水洗いはできません。
・湯シャンについて
乾燥頭皮の場合、湯シャンをすることで頭皮の乾燥・乾性フケの症状を改善できる可能性があります。粉っぽい乾いたフケが出る方はおそらく乾性フケです。また、シャンプーにアレルギーがある方の中には湯シャンが有効だったという声があります。普通のブラッシングでもブラシのお手入れは必要ですが、湯シャンの場合、ブラシが真っ白になるぐらい汚れがつくこともあります。
また乾燥した頭皮の方であっても、湯シャンを続けるうちにだんだん頭皮に皮脂が目立つようになります。その皮脂をブラッシングで取りますので、ブラシには皮脂がつきやすくなります。汚れたブラシは雑菌が繁殖しやすくなり、そのままブラシを使用すれば頭皮のトラブルをまねくこともあり得ます。
雑菌を増やさないためにも、毎日必ずブラシもお手入れしましょう湯シャンをする上で一番大変だったのが、櫛とブラシの掃除だったという方もいます。皮脂ですので水では簡単に落ちないこともあります。湯シャンをする場合、櫛やブラシのお手入れにかなり手間がかかるので、毎日シャンプーをする以上の根気が必要なります。もし時短のために湯シャンをはじめたいのであれば、やめておいた方が良いでしょう。普通にシャンプーをする方が時間はかかりません。
また湯シャンにおいては、清潔にしていないとシラミがついてしまうのではないかと心配される方もいます。シラミになる原因は、シラミを持っている人との接触です。湯シャンだからシラミになるわけではありませんのでご安心ください。もしシラミになったら病院で、専門家の診察を受け治療にあたってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブラッシングをすることでフケを取り、頭皮についたフケも落ちやすい状態にしてくれるので、シャンプーの時に頭皮を必要以上に洗うことがなくなります。このように、シャンプー前にブラッシングを取り入れるのはおすすめです。ぜひ正しいブラッシング方法で試してみてください。