脂漏性皮膚炎にホホバオイルは効果的?正しい使い方とは

乾燥により、皮脂が過剰分泌されるようになってしまった脂漏性皮膚炎。そこで大切なのが、外から保湿することで皮脂の過剰分泌を防ぐこと。それにはホホバオイルが効果的です。このページでは、ホホバオイルの選び方と使い方について解説します。

なぜ脂漏性皮膚炎にオイルが効果的なのか

脂漏性皮膚炎は乾燥肌でもなる?
脂漏性皮膚炎になるのは酸化しやすい皮脂の分泌が過剰に行われるためです。しかし皮脂が過剰に分泌されるのはオイリー肌(脂性肌)だけとは限りません。乾燥肌であっても、これ以上の水分を皮膚から逃すまい、と皮脂が出る場合があるのです。これをインナードライと呼びますが、表面はべたべたと皮脂がたくさん出ているのに、皮膚内部の水分は足りていないという状態になります。この状態を放置すると脂漏性皮膚炎になる場合があります。
角質培養による脂漏性皮膚炎
皮膚が薄くなり、乾燥しやすくなってしまった人が、皮膚を正常な状態に戻そうと自己流で「角質培養」を行い脂漏性皮膚炎になったということがあるようです。角質培養とは、過剰なケアによってバリア機能が弱まった皮膚の正常な機能を取り戻すために、クリームなどの保湿以外のケアをほぼ何もしないという方法になります。自己流でケアが不十分になり、皮脂が肌に残ってしまうと脂漏性皮膚炎が発症しますので、脂性のフケやかゆみ、赤みなどが見られた場合には病院を受診するようにしましょう。
ホホバオイルとは?
ホホバオイルはホホバの種子からとれるオイルで酸化しにくく低刺激です。さらさらしていて軽い付け心地で使用することができ、人の皮脂に近いので肌になじみやすく肌表面を乾燥から守ってくれます。昔はやけどの治療などにも使われてきたオイルで殺菌力や汚れを落とす力もあります。人の皮脂は酸化すると臭いやかぶれの原因になるのですが、ホホバオイルは酸化しにくいので低刺激で頭皮にも優しく使用することができます。乳児脂漏性発疹などにワセリンが処方されることがあるので、大人の方も脂漏性皮膚炎でワセリンを使用しようと考える方もいらっしゃるようなのですが、ワセリンには保湿以外の効果がありません。かゆみなどが出てしまった所に塗ってもあまり意味がありませんので、ワセリンで脂漏性皮膚炎を治そうとするのは難しいでしょう。
オイルは不安
ただでさえ皮脂が出ているのに、本当にオイルを塗って大丈夫なのか、水分だけ補給したいという方もいらっしゃるかもしれません。実は、ホホバオイルは皮脂の除去や皮脂バランスを整えるのにも役立ちますので、安心して使用できるのです。ミョウバン水によるケアの人気も高いようです。ミョウバンは食品に色を付けるのに使われる添加物で、殺菌作用などがあります。ミョウバン水は、まず保存可能な原液を作り(ミョウバンと水を30:1で混ぜ合わせる)、使うときにはその都度10~30倍程度に薄めて使用します。10倍に薄めたミョウバン水でリンスすると、かゆみを和らげることができるようです。ただ、ミョウバン水には保湿効果がありません。頭がかゆい場合はお風呂上がりにミョウバン水を頭皮につけても良いですが、その後にはホホバオイルで保湿するのがおすすめです。

精製と未精製、どちらを選べばいいか

精製されたオイルは残留物が取り除かれていますので、肌に優しく敏感な人には使い易いでしょう。ただ、精製のタイミングでビタミンなども取り除かれてしまっています。精製されたオイルによっては、その栄養を補うために添加物が加えられている場合もありますので、成分をよく見てから購入するようにしましょう。価格も50mLで1000円未満からあり、手ごろですのでちょっとだけ試してみたい方にも手を出しやすいのが嬉しいところです。一方未精製のオイルはビタミンE・Aを多く含みます。ビタミンEは抗酸化作用・新陳代謝を高め、ビタミンAは皮膚を健康に保ってくれます。栄養が多く含まれる一方、不純物を取り除いていないので、肌に優しいオイルとはいえ肌の弱い人には刺激になってしまう場合があります。価格も25 mLが1000円程度からと高めになります。どちらから使い始めても良いですが、慣れていない人だと精製済みのものの方が使い易いでしょう。未精製のものも刺激は少なめですので、特別に肌が弱くなければ使ってみても良さそうです。

ホホバオイルの使い方

皮脂を浮かしシャンプーでしっかりと汚れを落とせるよう洗髪前に塗る使い方と、洗髪後に皮脂が出すぎるのを防ぐために塗って保湿する使い方の2通りの使い方があります。また、まれにホホバオイルが合わない人もいますので、肌が敏感な方は手の内側の部分などでパッチテストを行ってから使用するのがおすすめです。また肌が敏感ではなくても、合わないこともありますので、使用中に症状が悪化する、かゆみが出るなど異常を感じたらすぐに使用を止め病院へ行くようにしましょう。

頭皮の保湿ケア方法
しっかりとドライヤーで頭皮を乾かした後できればすぐ、遅くても2~3時間以内に、ホホバオイルを塗ります。乾燥が気になる部分などはもちろん皮脂が多い場所にも。量は1 mL程度で大丈夫です。保湿することで、頭皮の皮脂分泌を抑えることができます。
状態の悪い皮脂をムリなく落とす、シャンプー方法
頭皮へホホバオイルを塗っていきます。20 mL程度あれば十分です。その後、蒸しタオルを頭に巻き、頭皮を温めながら20分程度置きます。この時、お風呂にはいると効率が良いです。お風呂に入らない場合は蒸しタオルが冷めたら取り替えてください。その後シャンプーで洗髪します。シャンプー1回目はホホバオイルを落とし、2回目で頭皮の皮脂をしっかりと落とします。すすぎは丁寧に行い、シャンプーが頭皮に残ってトラブルの原因とならないよう気をつけましょう。
毎日やった方がいいの?
脂漏性皮膚炎で悩んでいる方は最初だけ3日くらい続けてやってみてください。その後は徐々に回数を減らしてみましょう。通常の頭皮状態に戻った後は1週間に一度の頭皮ケアとしてシャンプー前にホホバオイルを塗ってマッサージすると良いでしょう。

まとめ

脂漏性皮膚炎に使用できるホホバオイルについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。ホホバオイルは低刺激で本当に使い易いオイルですので、是非一度使ってみてください。合う・合わないはもちろんありますので、合わなくて荒れてしまうようでしたら無理せず病院で薬をいただき使用しましょう。