マスカラの塗り方・コツをつかんで、パンダ目ともおさらば!

目を大きく見せようと朝念入りに塗ったマスカラも、お昼にはパンダ目になって真っ黒…そんな経験はありませんか?「どんなに高価なマスカラを使っても結局同じ」と諦めている人も多いかもしれません。しかし、マスカラはさまざまなタイプに分かれていて、なりたい目やまつげの状態によって選ぶべきものは異なります。そして、見た目やもちを良くするためには、塗り方にも一工夫することが必要です。ここでは、パンダ目で悩まないためのマスカラ基礎知識、塗り方、そして「まつ育」方法までをご紹介します。

マスカラの種類を知ろう

店頭にズラリと並ぶマスカラ。ついブランドや価格で選んでしまいがちですが、理想的なマスカラを選ぶためには、まずはマスカラの種類を知ることがポイントです。マスカラは、下記のように「メイク後の見た目」「ブラシ」「マスカラ液」によってそれぞれ種類が分かれています。

メイク後の見た目による分類(性能)
マスカラは塗布した後にどう変わるかによって、「ボリュームタイプ」「ロングタイプ」「カールタイプ」に分かれています。まずは、なりたいまつ毛をイメージしながらチェックしましょう。

ボリュームタイプ
まつ毛1本1本を太く濃くするタイプで、マスカラの中ではもっとも目を大きく見せることが可能です。目ヂカラを強調したい、バッチリメイクをしたい人におすすめです。

ロングタイプ
まつ毛を長くすることに特化したタイプ。2~4mm程度自まつ毛を伸ばすことができる商品もあり、まるでエクステンションを施したような目元を実現できます。まつ毛の長さを強調してセクシーな印象にしたい人におすすめです。

カールタイプ
まつ毛をリフトアップしてキープするタイプ。ぱっちり愛らしい目元にすることが可能です。キュートなドーリーメイクをしたい人におすすめです。
ブラシによる分類
マスカラのブラシには、「ワイヤーブラシ」「ゴムブラシ」「コーム」「コイル」「電動ブラシ」があります。理想の目元にするには、ブラシ選びがキーとなります。

ワイヤーブラシ
ブラシ全体の素材がワイヤーでできているタイプ。もっともスタンダードで、まつ毛全体にしっかりとマスカラ液を塗布することが可能です。

ゴムブラシ
ブラシ全体の素材がゴムでできているタイプ。まつ毛にぴったりと密着するため、軽くまつ毛にあてるだけで均一にマスカラ液を塗布することができます。

コーム
ブラシの部分が櫛状になっているので、まつ毛をとかしながらマスカラ液を塗布することが可能です。ダマを防ぎ、まつ毛1本1本を簡単にセパレートできます。仕上げとして使うのもおすすめです。

コイル
コームタイプを一回り小さくしたような形状。まつ毛をセパレートしながら、短く細い毛もしっかりキャッチすることができます。

電動ブラシ
ダマなくマスカラ液を塗ることが可能で、使い手によって仕上がりを左右しないというのがポイントです。
マスカラ液による分類
マスカラ液には、「ウォータープルーフ」「フィルム」「ファイバー」があります。マスカラの性能を決める液のタイプは要チェックです。

ウォータープルーフ
マスカラ液自体に防水加工を施したもので、水や汗に強いことで人気です。汗を掻きやすい夏にはぴったりのタイプです。

フィルム
まつ毛1本1本をコーティングするという特徴を持つのがこのフィルムタイプ。ダマになりにくいため、1本1本分かれた長いまつ毛にしたいなら最適です。

ファイバー
線維を混ぜ込んだマスカラ液で、簡単にボリュームアップできるのが特徴。線維がまつ毛に付着することで、一回り太いまつ毛にすることができます。

ダマにならないマスカラと塗り方のコツは?

ダマやパンダ目を解消する目的に合致したマスカラを選びましょう。そして、塗り方のコツを押さえることで、ダマやパンダ目を防ぐことができます。

ダマを解消する方法
ダマを解消するには、「ロングタイプ×コーム×フィルム」の組み合わせを選ぶのがベスト。まつ毛を太くするタイプのマスカラを使うと、まつ毛とまつ毛の距離が近くなるため、ダマができやすくなってしまいます。ブラシ部分の間隔が狭いもので、しっかりとセパレートしてコーティングできるマスカラを選びましょう。もし外出先でダマになっているのに気づいたら、まずはまつ毛を丁寧にブラッシングします。このとき、無理にブラッシングするとまつ毛が切れてしまうので、どうしても取れないダマは、クレンジング剤を含ませた綿棒でダマを柔らかくし、ピンセットで取り除くようにしましょう。
パンダ目を解消する方法
パンダ目を解消するには、「カールタイプ×ゴムブラシ×ウォータープルーフ」の組み合わせが良いでしょう。なるべくまつ毛と根元との距離を離すことを意識して、しっかりとマスカラ液とまつ毛を密着させるようにします。これだけでもかなりパンダ目を防ぐことができます。そして、汗を掻きやすい夏場は必ずウォータープルーフを選ぶようにしましょう。化粧直しの時には、クレンジング剤を含ませた綿棒で目元をキレイにし、再度マスカラを使う前には、パンダ目になりやすい部分にアイシャドウやパウダーを塗布しておきます。パンダ目は、目の周りの水分や油分によって起こりやすいため、油分を含んだファンデーションやコンシーラを使うのは避けた方がベターです。
塗り方のコツ
ダマやパンダ目にならない塗り方のコツとして、もっとも押さえておきたいのがマスカラ液の量です。大きな目に見せたいからと、ついついたっぷりとマスカラ液を塗布してしまいがちですが、まつ毛が抱えきれないほどのマスカラ液を塗布してしまうと、ダマやパンダ目になりやすくなります。どうしてもたっぷり塗りたい場合は、一旦乾いてから重ね塗りするようにしましょう。また、事前にコーミングをしたり、まつ毛の根元からビューラーをあてることで、まつ毛同士がくっついたり、下まぶたに触れにくくします。それによりダマやパンダ目を防ぐことができます。ホットビューラーを使うのもおすすめです。このように、ダマやパンダ目になりにくいマスカラを選び、塗り方を少し工夫するだけで、悩みは解消することができます。ぜひ、試してみてくださいね!

マスカラの映えるまつ毛を育てるには?

ダマやパンダ目にならずに、理想通りのキレイな目元にするには、強くしっかりとしたまつ毛を育てることも重要です。弱く脆いまつ毛だと、マスカラの重みに耐えることができずにまつ毛が下がってしまい、目元付近を汚してしまいます。ここでは、健康的なまつ毛に育てる方法をチェックしましょう。

マスカラのオフの仕方
落ちにくいマスカラほど、当然ながらオフしにくいのが難点。最近ではお湯でオフできるマスカラも登場していますが、やはり完全にキレイに落としきるには難しいのが現実です。そのため、マスカラをオフするときには、ついゴシゴシ擦ってしまう人が多いようです。しかし、まつ毛を無理に擦ってしまうと、抜け毛や切れ毛となり、次第に本数が少なくなるため、いくらボリューム効果のあるマスカラを塗布しても理想通りのまつ毛にすることはできません。マスカラは、擦って落とす必要がないように、専用のアイリムーバーを使うのがおすすめです。コットンに含ませてまつ毛の上で数分放置すると、力を入れることなくスルリとマスカラを落とせます。また、よりまつ毛の健康を考えるなら、アイリムーバーの代わりにオリーブオイルを使うのもおすすめです。
まつ毛のケア方法について
健康的なまつ毛を育てるには、日頃からまつ毛に手をかけてあげましょう。最近では「まつ育」といって、美容に敏感な女性の間では必須のケアとなりました。まつ育のために用意したいアイテムは、以下3点です。

アイシャンプー
洗顔料では落としきれない目元のフケや皮脂、アイメイクの残り、ダニなどをキレイに落とす専用洗浄剤。涙に近い塩分濃度・弱酸性で作られているため、目に痛みを感じることなく、安全に洗浄することができます。目元の汚れを完全に除去してあげることで、脱毛を防ぎ、健康的なまつ毛が生えやすい環境を整えます。
アイシャンプーについて詳しくはこちら

美容液
保湿成分や天然植物成分をたっぷり配合したまつ毛のための美容液で、抜けにくく、ハリのあるまつ毛へと変えてくれます。また、まつ毛にツヤを与えるため、スッピンのときでも目元がぼやけてしまうことはありません。
“大人”女子のためのまつ毛美容液はこちら

育毛剤
緑内障治療用の目薬が持つ、まつ毛成長作用を応用したもの。確実にまつ毛を濃く太くすることができ、早い人では使用1か月後から効果を実感することができます。医療機関での処方となること、治療目的ではないため自費となること、が少々難点ですが、まつ毛のボリュームでお悩みならぜひおすすめです。