まつ毛エクステの「もち」をよくする方法

しいまつ毛を演出するためのまつ毛エクステ、できれば長持ちさせたいですよね。その「もち」をよくする方法をお教えします。

ここ数年で多くの皆様に浸透しているアイメーク、まつ毛エクステについて実は詳しく「もち」についてよくわかっていない方は少なくないと思います。

まつ毛エクステの仕組み

まつ毛エクステ=まつ毛エクステンションの略になります。 シルクやナイロン製の人口毛を専用のグルー(接着剤)で自まつ毛一本一本に付けていく方法です。 一本に対し一本付けるタイプと数本の束になっているものを付けるタイプがあり、それによりボリュームをアップできます。 また、もともと装着するまつ毛にカールがしてありますので付けるだけで目元がパッチリします。 つけまつ毛より自然で2~3週間もつということから最近ではつけまつ毛同様アイメークの代名詞になっています。

まつ毛エクステの「もち」をよくするお手入れ方法

ここまでの説明でつけまつ毛より簡単で長持ちする、と思った方も少なくないと思います。 しかし、まつ毛エクステは長持ちさせるために気を使ってお手入れしなくてはなりません。 付けっぱなしで大丈夫なつけまつ毛…と勘違いする方も多いと思うので、きちんとしたお手入れ方法を理解したうえで長持ちさせましょう。

【1】オイルクレンジングは使わない
まつ毛エクステは特殊な接着剤を使って自まつ毛に付けています。この接着剤がオイルに弱いのでクレンジングはオイル以外のものをお勧めします。ここで注意していただきたいのが、オイルが入っているクレンジングはオイルクレンジングだけではありません。クリームタイプやミルクタイプにもオイルは含まれていることがあるので気を付けましょう。オイルが少ないクレンジングは水性ジェルタイプ、ローション(ふき取り)タイプのクレンジング剤です。オイルフリーと書いてあるものを選びましょう。
【2】塗れたまま寝るのは避けましょう
髪と同様、まつ毛も濡れたまま寝ると寝癖が付いてしまいます。洗顔後やお風呂上りは、そっと水分をふき取り、ドライヤーで乾かしましょう。
【3】目をこするのはやめましょう
専用のグルー(接着剤)で付いているまつ毛は、摩擦に弱いのでこするのはできるだけ避けましょう。
【4】エクステ専用のマスカラを使いましょう
エクステをしていてもマスカラを使いたい場合は、ぬるま湯で落ちるタイプのものを使用しましょう。オイルでないと落ちないタイプはエクステのグルーが取れやすくなってしまうので気を付けましょう。

まつ毛エクステを長持ちさせるには、自まつ毛のお手入れも欠かせない

どんなに丁寧にケアしても、自まつ毛に接着しているため、まつ毛が抜けるとエクステも一緒に落ちてしまいます。 まつ毛の生え変わる周期を正常に保つためには、自まつ毛のお手入れが欠かせません。 健康な状態にエクステを装着すれば「もち」もよくなります。 自まつ毛が抜けないように、健康な状態を維持するためにも、またエクステ装着で痛んでしまったまつ毛にも美容液を使うとかなり早く修復できます。 先ほどお話した通り、まつ毛の生え変わるサイクルは2~5か月なので美容液を使用するようになればかなり早い段階で痛みからの解消されることまちがいなしです。 美容液はいろいろ販売されていますが、育毛ブランドから出ているスカルプDボーテピュアフリーアイラッシュをお勧めします。 育毛ブランドならではの83万人の臨床データをもとに開発されていますので安心してお使いいただけます。 使い心地のポイントである、液がまつ毛にとどまること、塗りやすいチップであること、アレルギーテスト済みであるということ、などなどベストコスメ大賞を受賞している理由が納得できる一品ですよ。 健康なまつ毛は太いということよりハリになります。 太い細いは個人差があるのでまずはハリを取り戻し、その後は生え変わるサイクルを正常に戻し、量も確保したいですよね。 健康なまつ毛にエクステをすることにより、エクステを長持ちさせましょう。 また、エクステを取った場合も自まつ毛が健康であれば素敵な目元を維持させることができるのでスカルプDボーテピュアフリーアイラッシュをお使いになってみてはいかがでしょうか?

監修:波間隆則